著者
小林 知子 伊藤 友章 三浦 太郎 河島 尚志 坪井 良治 大久保 ゆかり 三島 史朗 織田 順
出版者
一般社団法人 日本臨床救急医学会
雑誌
日本臨床救急医学会雑誌 (ISSN:13450581)
巻号頁・発行日
vol.23, no.4, pp.525-529, 2020-08-31 (Released:2020-08-31)
参考文献数
6

目的:東京医科大学病院救命救急センターへ搬送された,アナフィラキシー患者を調べ,特徴を検討した。方法:2011年1月〜2017年3月まで,当院救命救急センターへ搬送された192例を対象とした。発生場所,重症度,治療,原因抗原を調べた。結果:アナフィラキシーの搬送数は,全搬送数の1.69%で年々増加している。自宅外での発症が58%を占め,重症度は中等症が76例(39%),重症が103例(54%)であった。被疑物質は,食物アレルギーが74.5%を占めた。皮膚科で原因抗原が確定した25例では抗原として小麦が一番多く,次にアニサキスアレルギー,甲殻類の順であった。考察:本検討では,アナフィラキシー患者は初発例が多い。再発防止のため,原因抗原の同定と指導が大切である。アナフィラキシーに対する他科との連携が大切である。結論:都心部におけるアナフィラキシー発症動向を検討し,食物アレルギーが多いことがわかった。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 5 posts, 7 favorites)

「アナフィラキシーの被疑物質は,食物アレルギーが74.5%」 ・2011年〜2017年 東京医科大学病院救命救急センターへ搬送された192例 ・アナフィラキシー患者は初発例が多い J-STAGE Articles - 都市部の救命救急センターに搬送されたアナフィラキシー症例の検討 https://t.co/WWz7OnRHri
東京医科大学病院救命救急センターへ搬送された、アナフィラキシー患者を調べ、特徴を検討した。 被疑物質は,食物アレルギーが74.5%を占めた。 【日本臨床救急医学会雑誌】 都市部の救命救急センターに搬送されたアナフィラキシー症例の検討 https://t.co/qjC9OtY3E1

収集済み URL リスト