著者
志村 茂 井上 潔 工藤 真弘 江草 周三
出版者
日本魚病学会
雑誌
魚病研究 (ISSN:0388788X)
巻号頁・発行日
vol.18, no.1, pp.37-40, 1983-06-30 (Released:2009-10-26)
参考文献数
7
被引用文献数
4 or 0

1) ヤマメを供試魚として,せっそう病の発症およびそれによる斃死に関するチョウモドキの寄生の影響を,感染実験(菌浴法)を行なって調べた。2) チョウモドキ寄生区での斃死率は非寄生区のそれよりも明らかに高かった。3) せっそう病患部と寄生部位との相関関係は特に認められなかった。4) 斃死魚1尾あたりのせっそう病患部の面積は,寄生区の斃死魚の方が著しく大きかった。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 1 favorites)

チョウが引き起こす二次感染はずいぶん長い間研究されていません。大事だと思うのですが。外部寄生虫とそれらに媒介される病原体の双方を扱える研究者がいないのが原因ですhttps://t.co/xVNuBEjwBn

収集済み URL リスト