著者
井上 善十郎 遠藤 眞三
出版者
The Japanese Society of Health and Human Ecology
雑誌
民族衛生 (ISSN:03689395)
巻号頁・発行日
vol.6, no.4, pp.315-339,en1, 1937-11-15 (Released:2010-11-19)
参考文献数
30

本調査は日本學術振興會第八小委員會の昭和十一年度に於ける研究の一部分にして、同年六月二十日現在の樺太アイヌの人口につき考察せるものにして、最も信を置くに足るものと信ず。本調査に關しては樺太長官始め、各方面の盡力に依る事多大にして、本機會に於て深甚の謝意を表するものである。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (2 users, 2 posts, 2 favorites)

明治後期から昭和初期にかけて1500~2000人程度の #樺太 #アイヌ は2010年にはみられなくなる。 敗戦のため、樺太のアイヌ人や日本人、ニブフ人は北海道に逃げてきた、ということか…

収集済み URL リスト