著者
田島 明子
出版者
日本保健医療社会学会
雑誌
保健医療社会学論集 (ISSN:13430203)
巻号頁・発行日
vol.23, no.1, pp.64-73, 2012-07-20 (Released:2016-11-16)

本稿は、民間研究費獲得の実際として、筆者が獲得した「作業療法ジャーナル研究助成」について紹介するものである。「作業療法ジャーナル研究助成」は、三輪書店の公刊する『作業療法ジャーナル』という雑誌内で行われている。このような出版社による研究助成はめずらしい形態である。出版社、受賞者双方に取材を行ったところ、出版社にとって、本研究助成は作業療法の専門性の発展のために行うという発意があったこと、また受賞者にとっては、資金を得たことで研究に取り組みやすくなったり、他職種からの理解や協力を得られやすくなったり、同業者に自分の研究を知ってもらえたりする等により、研究意欲を掻き立てられる良い機会になっていることが明らかになった。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 7 posts, 18 favorites)

三輪書店の社長さんに「理学療法と作業療法」が「PTジャーナル」「OTジャーナル」に分かれた経緯など興味深い話伺ってます J-STAGE Articles - 民間研究費獲得の実際 : 「作業療法ジャーナル研究助成」の場合(<特集>研究をする/論文を書く/研究費を獲得する) https://t.co/qY9tljs8cw
https://t.co/UYmXFZCj27 ↑でした
「なぜ?」ツイートを見かけたので… https://t.co/2XRWjskAE9… ↑に「OTジャーナル」と「PTジャーナル」が分かれた理由を書いてます。三輪書店社長の青山智氏に取材した内容を整理。中心の内容は「作業療法ジャーナル研究助成」ができた経緯や受賞者の感想等。どちらも出版人の情熱を感じます
三輪書店で行っている「作業療法ジャーナル研究助成」について、設立経緯を社長の青山敏氏に伺ったり受賞の意義についてまとめたもの https://t.co/tW8jooDlEz

収集済み URL リスト