著者
宝月 理恵
出版者
日本保健医療社会学会
雑誌
保健医療社会学論集 (ISSN:13430203)
巻号頁・発行日
vol.23, no.1, pp.85-95, 2012-07-20 (Released:2016-11-16)

本稿の目的は、戦後日本における歯科衛生士の専門職化運動を、医療専門職システムにおける専門職プロジェクトとして把握し、その変容過程と特徴を明らかにすることにある。歯科衛生士団体の機関誌、歯科学雑誌、国会会議録、および歯科衛生士を対象としたインタビュー調査記録の分析から、歯科衛生士と業務の協働・分業を行う歯科医師、歯科技工士、(准)看護婦、歯科助手の支配管轄権をめぐる境界線の変容過程を詳細に検討した。その結果、専門職間の縦のヒエラルキーのみならず、縦横の競合関係が歯科衛生士の専門職化プロジェクトの方向性を決定するとともに、国家政策やジェンダー関係といった外的要因が日本における歯科衛生士の専門職化の道程を規定してきたことが明らかになった。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 12 favorites)

【歯科衛生士は歯科衛生婦になりかけていた?】 歯科医師にとってのDHは「女房役」であり「秘書」でな ければならなかった。男性DHを認めてしまうと、歯科医 師の業権を侵しかねないという強い危機感が歯科医師側にはあったのである https://t.co/WfbHtT2a0r https://t.co/i4HIySIWjX
@hiyoccoo @sakai_wataru 日本の医師が自律性を求める為、他の職種への支配へと繋がる中、 https://t.co/dzosnkqI4y ゲリラ的な行為 https://t.co/WovoqP9XXr 含め専門職団体が分裂すると、社会的影響力が大きく削がれる。 https://t.co/EDTMUUWPI5

収集済み URL リスト