著者
渡辺 克典
出版者
日本保健医療社会学会
雑誌
保健医療社会学論集 (ISSN:13430203)
巻号頁・発行日
vol.25, no.1, pp.24-29, 2014-07-31 (Released:2016-04-27)
参考文献数
56

障害学と障害者運動をめぐる研究動向について述べた。障害学研究の動向は、(1)「社会モデル」をめぐる理論的基礎研究、(2)社会科学への応用研究、(3)「当事者」研究、(4)障害学の視座にもとづく主題別の研究がある。障害者運動研究については、(5)日本における障害者運動史、(6)障害者運動史を踏まえたソーシャルワーク・支援研究、(7)地域における障害者運動研究、(8)障害者運動史から障害学のあり方をとらえなおす研究、といったかたちで展開されている。最後に、筆者が考える今後の研究課題として、当事者参画をめぐる政治研究や支援技術への応用を挙げた。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 2 favorites)

渡辺克典さん著「障害学研究と障害者運動研究の動向」について。 https://t.co/5cl7oME4RW 障害学会に演題登録で「ともにある場」の作業的要素の抽出といった内容を考えているのだが、網羅的に研究が紹介され、整理されているので、とても参考になる。
あとでよむ J-STAGE Articles - 障害学と障害者運動の研究動向 https://t.co/XMWkEJrSp9

収集済み URL リスト