著者
一森 哲男
出版者
一般社団法人 日本応用数理学会
雑誌
日本応用数理学会論文誌 (ISSN:24240982)
巻号頁・発行日
vol.23, no.1, pp.15-35, 2013-03-25 (Released:2017-04-08)
参考文献数
16

本論文では下記の内容を含む.(1)すべての除数方式の配分結果が,あるタイプの離散最適化問題の最適解として表現できることを示した.(2)ある基本特性を満たす除数方式のサブクラス(人口比例型除数方式)を提案し,人口比例型除数方式を離散最適化問題として表現した.この基本特性を満たす目的関数の性質についても議論した.(3)最後に,人口比例型除数方式が著者が以前に提案していた緩和除数方式に等価であることを証明した.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (7 users, 14 posts, 9 favorites)

J-STAGE Articles - 議員定数配分問題の離散最適化による解法について(応用) https://t.co/lypSuVSrP8
実際、こういう論文もあるらしい。選挙制度の設計から、各制度での最適な戦略の構築とか、これは明らかに数学の問題。 ⇒日本応用数理学会論文誌 『議員定数配分問題の離散最適化による解法について(応用)』(一森哲男) https://t.co/VrgAJ4Yc7m

収集済み URL リスト