著者
横内 光子
出版者
一般社団法人 日本集中治療医学会
雑誌
日本集中治療医学会雑誌 (ISSN:13407988)
巻号頁・発行日
vol.14, no.4, pp.555-561, 2007-10-01 (Released:2008-10-24)
参考文献数
23
被引用文献数
2

心理測定尺度とは, 心理現象を測定する方法の1種であり, いわば, 目に見えない心理現象を把握するための「心の物差し」である。心理測定尺度では, いくつかの質問に対する回答を得点化することによって, 心理現象の個人差を把握することが可能となる。尺度の開発では, 心理現象を理論的構成概念として明確に定義し, それを反映する質問項目を設定するために一定の手続きが必要となる。心理現象は, 直接見ることができないだけに, その尺度が正確かつ適切に目的とする心理現象を測定できるか否かが特に重要となる。この尺度の精度や適切性の指標となるのは「信頼性」と「妥当性」である。本稿では, 臨床・研究で心理測定尺度を有効に活用するために必要な基本的知識について, 尺度の作成過程と信頼性・妥当性を中心に概説する。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 1 favorites)

これの赤字の意味がよく分かるので、心理尺度作成についての理論的な理解は現状レベルで問題なさそう。 作りたいのはGcという1因子が付加する項目なのでほぼ同様の手法が使えるし、項目反応理論を使えばランダムサンプリングは必要なさそう(要理解) https://t.co/Wgrbr33SN3 https://t.co/fPVUqMmN3q
J-STAGE Articles - 心理測定尺度の基本的理解 https://t.co/DZVihl1pL9

収集済み URL リスト