著者
仲村 佳彦 中野 実 町田 浩志 鈴木 裕之 蓮池 俊和 畠山 淳司 村松 英之 新井 基展
出版者
一般社団法人 日本集中治療医学会
雑誌
日本集中治療医学会雑誌 (ISSN:13407988)
巻号頁・発行日
vol.19, no.3, pp.379-383, 2012-07-01 (Released:2013-01-16)
参考文献数
17

症例は32歳,男性。水酸化カリウム水溶液の水槽に転落し,当院に搬入となった。肉眼的観察法ではII度熱傷と診断し,熱傷面積は約85%であった。流水洗浄を約2時間15分行い,保存的加療の方針とし集中治療管理を行った。第7病日に敗血症性ショック,acute respiratory distress syndrome(ARDS)を認めた。抗菌薬投与にて一旦は全身状態改善傾向であったが,ARDSが進行し,第14病日に死亡退院となった。剖検を行い,肺の病理にてdiffuse alveolar damageを認め,ARDSと矛盾しない所見であった。ARDSの原因は熱傷および感染症が考えられた。皮膚病理では一部III度熱傷を認め,肉眼的観察法による評価よりも深達度は深く,初診時または保存的加療継続中に深達度評価を誤っていた可能性が考えられた。外科的治療のタイミングを逃していたため,他の深達度評価法も検討すべきであった。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 0 favorites)

@YahooNewsTopics このニュースから『アルカリ熱傷』が気になり調べる。 剖検のPDFが直ぐに見つかる。 https://t.co/QhaFQlic15 そして、群馬という場所…添付写真の刺青具合からブラジルの方か?と… https://t.co/lgcnYlc8kA
1 1 https://t.co/BvMo6s6IvS
@a_taby アルカリはきちんと洗浄されてないと内部まで浸透するから怖いんよ。 剖検を行った重症アルカリ熱傷の一例 - https://t.co/o1CFknTdIS

収集済み URL リスト