著者
川野 恭雅 仲村 佳彦 村井 映 田中 潤一 西田 武司 水沼 真理子 大田 大樹 石倉 宏恭
出版者
一般社団法人 日本集中治療医学会
雑誌
日本集中治療医学会雑誌 (ISSN:13407988)
巻号頁・発行日
vol.23, no.3, pp.313-317, 2016-05-01 (Released:2016-05-02)
参考文献数
11

二次性腎性尿崩症の治療の一つにインドメタシンがある。今回,我々は原因薬剤としてリチウムが疑われた腎性尿崩症に対し,高用量のインドメタシンが奏功した症例を経験したので報告する。症例は35歳の女性,双極性障害に対し17年間リチウムを服用していた。フェノバルビタールおよびクロルプロマジンの急性中毒のため当院へ搬送となった後,第2病日より450 ml/hrを超える多尿と血清Na値上昇を来し,バソプレシンに無反応であったため,二次性腎性尿崩症と診断した。病歴より原因薬剤としてリチウムが疑われ,治療としてインドメタシン150 mg/dayを投与したが効果がなかった。多尿に伴いcreatinine clearanceが亢進してインドメタシンの薬物血中濃度が低下している可能性を考慮し,インドメタシンを225 mg/dayまで増量したところ,尿量減少および血清Na値の低下を認めた。高用量のインドメタシンは二次性腎性尿崩症に対し,有効な治療法である可能性が示唆された。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 0 favorites)

@yukilumi 以前、甲状腺の内視鏡手術の件で、ご連絡させていただいた者ですが(ID替えてます)、双極性障害の方でリチウムを疑う腎性尿崩症にインドメタシンが効いたという文献を見つけました。ご存知かもしれませんが、ご参考まで。 https://t.co/GIYvqpMsrL
1 1 https://t.co/otBKm9DdUy
日本集中治療医学会雑誌 Vol. 23 (2016) No. 3 p. 313-317 高用量のインドメタシンが奏功した腎性尿崩症の1例 https://t.co/TPtAlwMrlk

収集済み URL リスト