著者
渡橋 健
出版者
日本保険学会
雑誌
保険学雑誌 (ISSN:03872939)
巻号頁・発行日
vol.2009, no.605, pp.605_161-605_179, 2009-06-30 (Released:2011-10-15)
参考文献数
6

近年の保険金殺人について,刑事裁判例に基づき,(1)保険金額,(2)加害者と被害者の関係,(3)保険契約加入から犯行までの期間等の観点から分析を行い,その結果(法人契約と個人契約の相違・保険加入期間と犯意形成の関係等)についてモラル・リスク対策への活用策を提言する。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (7 users, 7 posts, 4 favorites)

https://t.co/vcygeD8mOA https://t.co/cX8YndEe0I https://t.co/3Ktu4pDn77 https://t.co/A28vlCzP8t https://t.co/1kE6O8wx0h
保険金殺人事件を扱った論文でも、夫婦間の事件だと妻の夫殺しが目立つってのは、なんかあのあたりの直観に合ってしまう https://t.co/McQ5fIi2CZ

収集済み URL リスト