著者
緒方 広明 殷 成久 毛利 考佑 大井 京 島田 敬士 大久保 文哉 山田 政寛 小島 健太郎
出版者
教育システム情報学会
雑誌
教育システム情報学会誌 (ISSN:13414135)
巻号頁・発行日
vol.33, no.2, pp.58-66, 2016-04-01 (Released:2016-05-07)
参考文献数
18

Educational Big Data (EBD) and Learning Analytics (LA) have being attracted enormous attention in recent years. Data collection process is the first step of EBD and LA. Based on the data source, data collection can be classified into two categories: manual data collection, and automatic data collection. This paper describes two educational systems: SCROLL (System for Capturing, Reusing, Reminding Of Learning Logs) as manual data collection and, M2B (Moodle, Mahara, Booklooper) as automatic data collection.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 5 favorites)

この辺の話は、教育システム情報学会論文誌に掲載されている緒方さんの論文「教育ビッグデータの利活用に向けた学習ログの蓄積と分析」に紹介されていますね。  https://t.co/4953sblr5O #jset32
1 1 https://t.co/0HsgN1HmxB
教育ビッグデータの利活用に向けた学習ログの蓄積と分析 https://t.co/We0UNR5XUO

収集済み URL リスト