著者
佐藤 まみ 中山 二郎
出版者
日本乳酸菌学会
雑誌
日本乳酸菌学会誌 (ISSN:1343327X)
巻号頁・発行日
vol.21, no.2, pp.95-106, 2010 (Released:2012-04-01)
参考文献数
56
被引用文献数
1 1

近年の抗生物質濫用により、薬剤耐性菌が高頻度で出現し、広く社会で問題となっている。細菌が個体間でコミュニケーションを取り、菌密度を把握しながら種々の遺伝子発現を制御する機構はクオラムセンシング (以下、QS)と呼ばれており、近年、いくつかの病原性細菌の病原因子生産がQSにより制御されている事例が多く報告されている。QSの阻害は病原因子の生産のみを特異的に抑制すると考えられるため、新規薬剤開発のターゲットとして期待されている。本稿では、特にグラム陽性細菌のペプチドクォルモンを誘導因子とするQSについて、また、その阻害剤開発の現状と将来性について解説する。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (4 users, 8 posts, 2 favorites)

クオラムセンシング(quorum sensing)|用語集|腸内細菌学会 https://t.co/uL7Txl6vsG クオラムセンシング - Wikipedia https://t.co/sO0VLM6CTd グラム陽性細菌のクオラムセンシング研究の最前線 https://t.co/bJ5qg29LJp
ノルアドレナリンに反応するのか グラム陽性細菌のクオラムセンシング研究の最前線 https://t.co/7XJkUcfr5l

収集済み URL リスト