著者
岩佐 光啓 中村 絵理 丸山 真澄 山下 伸夫
出版者
日本衛生動物学会
雑誌
日本衛生動物学会全国大会要旨抄録集 第55回日本衛生動物学会大会
巻号頁・発行日
pp.15, 2003 (Released:2003-08-01)

駆虫剤イベルメクチンは,牛の内部寄生線虫の駆虫とノサシバエなどの外部寄生虫の駆除に効果があるとされているが,牛糞に残留するため,放牧地において糞虫や糞食性ハエ類などの糞分解性昆虫の発育や繁殖を抑制して糞の分解消失を遅らせることが海外で報告されている.日本で広く使用されているイベルメクチンをポアオン法で5頭の牛に処理し,それらの糞を用いて糞食性ハエ類と糞虫類の発育,発生,羽化等に及ぼす影響及び牛糞の有機物消失に及ぼす影響を調べた.マエカドコエンマコガネは,野外で処理区の糞に誘引されやすく,育児球をより多く形成したが,羽化率は低下した.キタミドリイエバエとノサシバエの幼虫は,処理区では投与後1,3,7,14日目の糞ですべて死亡し,21日目まで影響が現れた.野外に7日間放置した牛糞から発生したツヤホソバエ科,ハヤトビバエ科などの糞食性ハエ類の個体数は,処理区で著しく減少した.野外に7日間放置した牛糞の有機物残存率は,対照区より処理区で高くなった.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (7 users, 7 posts, 49 favorites)

J-STAGE Articles - 牛用駆虫剤イベルメクチンの糞分解性昆虫に及ぼす影響 https://t.co/omfQQUPzph
まう山先生鍵ツイより: J-STAGE Articles - 牛用駆虫剤イベルメクチンの糞分解性昆虫に及ぼす影響 https://t.co/xf0ZMtUZZX
トゥデイズ スタディー。 「イベルメクチン」の使用による自然界への影響。 ぜんぶたった今丸山先生から教えてもらったこと。 https://t.co/wmBafmFeY4
イベルメクチンは安定的な物質で良い面も怖い面もある。 『駆虫剤イベルメクチンは,牛の内部寄生線虫の駆虫、外部寄生虫の駆除に効果があるとされるが,牛糞に残留し放牧地において糞虫や糞食性ハエ類などの糞分解性昆虫の発育や繁殖を抑制して糞の分解消失を遅らせる https://t.co/7rNl1JI3di
@yukais_1983 https://t.co/TcE1xL42zf 論文出てました。その通りだそうですね。 ただ、ハエ死んじゃうから糞便分解能が落ちちゃうんですね。

収集済み URL リスト