著者
尾形 優 金子 健太郎 後藤 慶太 河野 かおり 山本 真千子
出版者
日本看護技術学会
雑誌
日本看護技術学会誌 (ISSN:13495429)
巻号頁・発行日
vol.15, no.3, pp.227-234, 2017-01-20 (Released:2017-02-07)
参考文献数
26

冷え症において, 冷え症群と非冷え症群とを循環動態指標および自律神経活動指標を用いて比較し, 冷え症の生理学的メカニズムを明らかにすることを目的とした. 対象は若年健常女性20名 (冷え症群12名, 非冷え症群8名) とし, 晩秋 ・ 冬季に測定を実施した. 生理学的指標として, 心拍数 ・ 血圧 ・ 末梢皮膚温 ・ 末梢血流量 ・ 鼓膜温 ・ サーモグラフィ ・ 四肢血圧脈波を用いた. 自律神経活動指標は, 心拍変動を用いて周波数解析を行い, 副交感神経活動指標と交感神経活動指標を求めた. データの分析は両群間を指標ごとに比較 ・ 検討し, 加えて各群における鼓膜温と各末梢皮膚温との差を両群間で比較した. その結果, 冷え症群は非冷え症群にくらべて副交感神経活動指標が低値で, 交感神経活動指標が高値であった. 末梢循環においては, 冷え症群の血流量低下と皮膚温低下も明らかであった. よって, 冷え症者は安静時の副交感神経活動が小さく, 交感神経活動の緊張により安静時すでに末梢の循環機能低下が起きていることを明らかにした.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 5 posts, 2 favorites)

J-STAGE Articles - 冷え症の生理学的メカニズムについて https://t.co/9jDWCGJMAe
冷え性=筋力不足=筋トレしろ! とは決められない
文献にも書かれていますが、一般に 「食事・睡眠・運動・喫煙など生活習慣の乱れ」 「女性ホルモンのバランス異常」 「食事制限によるダイエット」「BMI・体脂肪率・基礎代謝量の低下」 「ストレス」などが冷え性の要因として挙げられています かく言う自分も困ってます⛄ https://t.co/j13PV8pAkq
✅《冷え症×論文》 冷え性の生理学的メカニズムを調べるため、冷え性群と非冷え性群に分類し安静時の自律神経機能を調査した研究です。 この論文ではじめて「副交感神経活動リザーブ」という言葉を知りました。 冷え性の生理学的メカニズムについて.尾形ら.2017 https://t.co/iFxUF84G5y #冷え症 https://t.co/yi3D68r5SZ
冷え症(冷え性) https://t.co/dJCH8hgKjy https://t.co/YrFIX3HScu

収集済み URL リスト