著者
山下 広美
出版者
公益社団法人 日本栄養・食糧学会
雑誌
日本栄養・食糧学会誌 (ISSN:02873516)
巻号頁・発行日
vol.67, no.4, pp.171-176, 2014 (Released:2014-08-25)
参考文献数
26

酢酸は, 生体において空腹時に脂肪酸からβ酸化により生成される内因性の成分であり, 骨格筋などで生体燃料として利用される。一方, 外因性に酢酸を摂取すると酢酸は容易に血中に移行し組織に速やかに取り込まれた後, その代謝過程でAMPを生成し細胞内のAMP/ATP比を増加させてAMPキナーゼ (AMPK) を活性化させる。2型糖尿病の病態モデル動物に酢酸を継続的に摂取させると, 肥満が抑制され耐糖能を改善させる。また肝臓において脂肪合成関連遺伝子の転写量を低下させることから, 酢酸は脂肪合成を抑制するように作用すると示唆される。その他エネルギー消費割合の増加, 白色および褐色脂肪組織においては脂肪滴肥大化の抑制が見られる。以上より酢酸は空腹時には内因性の成分として生成され生体燃料として利用されるが, 摂食時に酢酸を摂取すると脂肪合成の抑制による肥満の抑制, さらに肥満に起因した2型糖尿病予防効果をもたらすと示唆される。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (7 users, 7 posts, 4 favorites)

これか https://t.co/4X748Dx42A
@AdVamSia アルコール(エタノール)は体内で酢酸になる(さらに水とCO2になるが)んだっぺ。なので酒飲みは酢酸が過剰に供給されるんで酢酸を体内で利用する回路が太くなるんよ。 酢酸の代謝と利用についてはこっち読んだほうがええ… https://t.co/BpHkgyKVQU
酢酸の生理作用(主にメリット)を書いた総説だけど、これを糖質をとらずに酢酸だけをエネルギー利用と考えたときには、結構怖いデメリットが見えてくる。 https://t.co/E5gyoAcDCS
山下広美,酢酸の生理機能性,日本栄養・食糧学会誌 Vol. 67 (2014) No. 4 p. 171-176  http://t.co/2bFiCOKIV8 異常な代謝状態はもちろんいかんですが,酢酸代謝は悪くないどころかいいものだという考えがメジャーかと.

収集済み URL リスト