著者
佐々木 敏
出版者
Japan Society of Nutrition and Food Science
雑誌
日本栄養・食糧学会誌 (ISSN:02873516)
巻号頁・発行日
vol.70, no.2, pp.53-59, 2017 (Released:2017-04-27)
参考文献数
6

『日本人の食事摂取基準』は, 厚生労働省から出されているガイドラインのひとつであり, 食事・栄養に関するわが国で唯一の包括的ガイドラインである。「日本人の食事摂取基準 (2015年版) 」は, 全344ページからなり, 巻末に添えられた2つの参考資料まで含めると440ページにも及ぶ。食事摂取基準は, 栄養と食事に関するわが国で唯一の包括的なガイドラインである。今回の改定では数値の変更は比較的に少ない。一方, ガイドラインとしての位置づけをより明確にし, 活用方法について特にその理論的視点が詳述されている点が特徴である。本稿では, 日本人の食事摂取基準 (2015年版) の概要を紹介するとともに, 食事摂取基準の学問的および実務的意義について, ガイドラインという観点から簡単な考察を加える。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 6 favorites)

一方佐々木先生は日本人の食事摂取基準の活用について「ガイドラインの記述や数値が改定のたびに大きく変わっては困る。ガイドラインは単なる事実の記述集ではなく、現場で活用するためのものである。この点をじゅうぶんに認識して策定されるべきで… https://t.co/kGLyHGUpZi

収集済み URL リスト