著者
本間 清一
出版者
公益社団法人 日本栄養・食糧学会
雑誌
日本栄養・食糧学会誌 (ISSN:02873516)
巻号頁・発行日
vol.58, no.2, pp.85-98, 2005-04-10 (Released:2009-12-10)
参考文献数
51
被引用文献数
2 1

食品の褐変により生じた色素 (褐色色素) であるメラノイジンの性質と主な前駆物質を食品ごとに明らかにした。褐変の原因として一般性が高いグルコースとアミノ酸から調製したモデルメラノイジンを材料に, 焦点電気泳動パターン, 金属キレート能, レクチン親和性, 酸化・還元, 調製時のpH条件, ラットにおける出納試験を調べた。Streptomyces werraensis TT14, Paecilomyces canadensis NC-1, Coriolus versicolor IFO30340の3種類の菌で褐色色素を含む食品や各種モデル褐色色素と培養したときの脱色率の差異が, 食品メラノイジンの特徴解析に有効であることをみとめた。さらに, 3-デオキシオソン類, 糖その他の成分分析, 金属キレートアフィニティーを併用した。その結果, 魚醤とタマネギのソテーの褐色は糖質系メラノイジンが主体であり, 凍り豆腐の褐変は多価不飽和脂肪酸の酸化で生じたカルボニル化合物がタンパク質と反応して生じるエーテル可溶性の褐色色素であった。コーヒーの褐変はショ糖とアミノ酸・タンパク質とのメイラード反応にクロロゲン酸などのフェノール系酸化重合物を多量に巻き込んだ高分子である。

言及状況

外部データベース (DOI)

Facebook (1 users, 1 posts)

【メラノイジン】 アミノカルボニル反応の一種であり、還元糖とアミノ化合物(アミノ酸、ペプチド及びタンパク質)を加熱したときなどに見られる褐色化の結果変化してできる物質。 明美さん!どうしましょう。調べれば調べるほどワクワクしてきました。 超簡単に書くと、以下の通り。 ・化学反応の最終段階でできる物質 ・抗酸化力は最強で、ビタミンEよりすげぇ。 ・キレートで活性酸素の触媒となる鉄や銅などの微 ...

Facebook における性別

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

メラノイジンに関する食品化学的研究 https://t.co/a7QXVnmT4j
@sumiand おはようございます(๑′ᴗ‵๑) コーヒー好きさんに、コーヒーを科学した論文を。 コーヒーメラノイジンとかアミノ酸の化学反応が関係してるのかな? http://t.co/tT1qaRWPhl https://t.co/FfPVUevgGl

収集済み URL リスト