著者
前田 陽一郎 丹羽 俊明 山本 昌幸
出版者
日本知能情報ファジィ学会
雑誌
知能と情報 (ISSN:13477986)
巻号頁・発行日
vol.18, no.4, pp.507-518, 2006 (Released:2007-04-20)
参考文献数
20
被引用文献数
7 11

カオティックサウンドは, インタラクティブアート生成システムの1つとして人工生命の分野で研究が行なわれている. これにより, 人間の予想を超える多様性と複雑さをもつ音楽をコンピュータを利用して生成することが可能である. カオティックサウンドの研究目的は, カオス理論を用いることにより, 複雑かつ可変なサウンドを作り出す有効な手法を見つけることである. しかしながら, 単純にカオスで得た数値と対応する音を演奏する場合, 人間にとってただ音が鳴るだけの不協和音となることが予想される. そこで本研究では, カオス的非同期性や全体の同期性の制御が可能な大規模カオスを用いて音の生成を行い, さらにより自然な音に感じられるよう音楽理論の要素技術の一部を導入する手法を提案する. 本システムでは, 大域結合写像 (GCM) によって音高, 音長, 音量要素を決定し, 生成した音楽に小節, 調性, 休符, テンポ, エコー, 音色などの音楽的要素が追加される. これにより生成される音は自然音, 環境音楽などの, ヒーリングミュージックのような効果が予想される. また, この手法を用いてインタラクティブカオティックアミューズメントシステム (ICAS) を構築し, シミュレーションにより生成された音の感性評価を試みたので, これについても報告する.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 9 posts, 0 favorites)

J-STAGE Articles - 大域結合写像によるインタラクティブカオティックサウンド生成システムおよび音楽的要素の導入 https://t.co/s4DQs6yVaC
【複雑系の数理メモ】 カオス結合系+音楽 http://t.co/T6U18SIj
【複雑系の数理メモ】 カオス結合系+音楽 http://t.co/T6U18SIj
【複雑系の数理メモ】 カオス結合系+音楽 http://t.co/T6U18SIj
【複雑系の数理メモ】 カオス結合系+音楽 http://t.co/T6U18SIj
【複雑系の数理メモ】 カオス結合系+音楽 http://t.co/T6U18SIj
【複雑系の数理メモ】 カオス結合系+音楽 http://t.co/T6U18SIj

収集済み URL リスト