著者
掛谷 英紀 大南 勝
出版者
日本知能情報ファジィ学会
雑誌
知能と情報 (ISSN:13477986)
巻号頁・発行日
vol.31, no.2, pp.617-625, 2019-04-15 (Released:2019-04-15)
参考文献数
21

本論文では,国会会議録を機械学習することで,短命に終わる議員・大臣の発言の特徴を分析する.短命議員については,マスコミ報道の追い風に乗って大量当選したいわゆる「チルドレン議員」を対象に,一期で終わってしまった人物と,その後議員を続けることができた人物の間に,国会質問でどのような違いが見られるかを分析する.短命大臣については,大臣就任後舌禍や不祥事によって辞任した人物と,長期間大臣を務め上げた人物の間に,国会答弁でどのような違いが見られるかを分析する.機械学習には最大エントロピー法による学習と,判別分析の考え方を応用して特徴抽出を行うナイーブ・ベイズ法による学習をそれぞれ実装し,その分類性能を比較する.分析の結果,短命議員の質問には,尊敬語・謙譲語などの丁寧な表現が少ないこと,損得勘定に関する表現の使用が多いことが分かった.また,短命大臣の答弁には,国会の場にふさわしくない砕けた表現が多用されるほか,高い理想や自身の頑張りを主張する発言が多い傾向が見出された.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (20 users, 20 posts, 19 favorites)

面白そう。 国会会議録に基づく短命議員・短命大臣の特徴分析|掛谷英紀, 大南勝 https://t.co/EwR5uhWXKH
比較的新しい科学分野でまだ日本語の学術誌があると今知った。オススメ “@hkakeya: 国会会議録に基づく短命議員・短命大臣の特徴分析 知能と情報 vol.31 No.2 pp.617-625… https://t.co/PlguCBeuoc
国会会議録に基づく短命議員・短命大臣の特徴分析 知能と情報 vol.31 No.2 pp.617-625 https://t.co/FeTMvEOrtx おととし天声人語に引用され、昨年ニコニコ超会議で話題になった研究成果が、学術論文誌に採択・掲載されました。
興味深い/J-STAGE Articles - 国会会議録に基づく短命議員・短命大臣の特徴分析 https://t.co/vEyXKXUI7e

収集済み URL リスト