著者
金城 優美 崎原 徹裕 川満 豊 国島 知子
出版者
一般社団法人日本小児アレルギー学会
雑誌
日本小児アレルギー学会誌 (ISSN:09142649)
巻号頁・発行日
vol.34, no.3, pp.351-358, 2020-08-05 (Released:2020-08-20)
参考文献数
20

【背景】卵白感作陽性の乳児に対する鶏卵の早期導入法は定まっていない.導入前のスクリーニング経口負荷試験(OFC)や導入後の自宅摂取の安全性について前方視的に検討した.【方法】生後6か月で卵白感作陽性の鶏卵未摂取例に対し加熱全卵0.2g OFC(1st OFC)を行った.1st OFC陰性例に対し加熱全卵0.2gの摂取を開始,生後9~11か月に卵白1/4個OFC(2nd OFC)を行った.各OFC結果と自宅摂取の安全性を評価した.【結果】1st OFC陽性は15/63例(23.8%)で,陰性48例中42例が自宅摂取を開始し1例が中途脱落した.8/41例(19.5%)に自宅摂取で軽微な皮膚症状を認めた.2nd OFC陽性は4/41例(9.8%)であった.各OFC陽性例は陰性例と比較しオボムコイドsIgE値が高かった.【結論】卵白感作陽性の乳児への加熱全卵0.2g OFCは陽性割合が高く,陰性例でも一部に自宅摂取中に軽微な症状を認めた.感作陽性児ではより安全な導入法の検討が必要である.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (8 users, 8 posts, 9 favorites)

J-STAGE Articles - 鶏卵感作乳児に対する微量鶏卵早期導入の安全性の検討 https://t.co/bP8Pvpp5kn
【 日小ア誌第34巻3号 掲載論文紹介:臨床研究 ③】 卵白感作陽性の乳児への加熱全卵0.2g OFC は陽性割合が高く,陰性例でも一部に自宅摂取中に軽微な症状を認めるため、感作陽性児にはより安全な導入法の検討が必要である. (金城優美. 日小ア誌2020;34:351-358) https://t.co/M8anUS8GYA https://t.co/G14nSI8cbz

収集済み URL リスト