著者
小笠原 正 笠原 浩 小山 隆男 穂坂 一夫 渡辺 達夫
出版者
一般財団法人 日本小児歯科学会
雑誌
小児歯科学雑誌 (ISSN:05831199)
巻号頁・発行日
vol.28, no.4, pp.899-906, 1990-12-25 (Released:2013-01-18)
参考文献数
10
被引用文献数
2

健常な幼児の寝かせ磨きに対する適応性と発達年齢,暦年齢との関連性を明らかにするために,保護者に寝かせ磨きをさせ,その状態を観察するとともにVTRにて記録し,AICに基づき解析を行った.調査対象者は,健常な幼児98名である.発達検査は遠城寺式乳幼児分析的発達検査を実施した.結果は以下の通りである.1.歯磨き介助(仕上げ磨きを含む)を1日1回以上行っていた保護者は,89.8%であった.2.寝かせ磨きの際に,観察された幼児の不適応行動のうち,最も多かったのは「手を出して邪魔をする(20.4%)」であった.以下,「頭を動かす(17.3%)」,「体位を変える(17.3%)」,「口を閉じる(15.3%)」,「歯ブラシを〓む(13.3%)」,「泣く(13.3%)」の順であった.3.寝かせ磨きに適応した者は78.6%で,不適応であった者は21.4%であった.4.寝かせ磨きの際に,子供を抑制した保護者は,12.2%認められ,他の87.8%は抑制しなかった.子供が拒否行動を示したにもかかわらず,抑制しなかった保護者は9.2%いた.5.寝かせ磨きの適応性と発達年齢,暦年齢とは,強い関連性が認められた.6.寝かせ磨きの適応・不適応を判別できる最適なカテゴリーは,遠城寺式乳幼児分析的発達検査項目のいずれも2歳6カ月前後であった.7.暦年齢2歳6カ月以上であれば,寝かせ磨きに適応できるレディネスが備わっていることが明らかとなった.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (14 users, 21 posts, 80 favorites)

飲み込むリスクがあるので低年齢にはフッ化物の使い方にも特に注意が必要なわけですが、かといって3歳くらいまでは仕上げ磨きを上手にしてくれるとも限らない。 食具を分けるのもあまり効果はないらしい。 じゃあいったいどうすればいいんだ?となるわけです。 https://t.co/x82nvRgt7t
3歳前までは習慣づけが仕上げ磨きの主目的とした根拠はこちら。工夫の仕方は色々あるけど、基本的にむりやりやるのはよくないです。 https://t.co/x82nvQZq5t
たぶんこの先生も、おさえて磨く以外の引き出しは持っていたはず。 おさえて磨いても2歳半を過ぎたあたりから歯磨きの必要性や内容を理解して少しずつできるようになります。 歌を歌う、歯ブラシの色を選ばせる、歯磨き粉の味を選ばせる、場所を選ばせる等も良い工夫です。 https://t.co/x82nvQZq5t
子どもの腕を足で抑えて・・・なんて指導、してないでしょうか? よけいに歯磨きが嫌いになっちゃうかも。 2歳半くらいになれば多くの子はできるようになります。 ではそれまでに本当に大事なことは何か? その仕上げ歯磨きは何のためにするのか? 立ち止まって考えよう。 https://t.co/x82nvRgt7t https://t.co/gYZU5dwQz5
@DashNaka なくなってはいないんですけどね。 たまたま見つけたこの論文は興味深い内容でした。 https://t.co/7wvxh1vn15
@nakixa あったかな。 探してたらこんなの見つけました! https://t.co/7wvxh1vn15

収集済み URL リスト