著者
新城 拓也 石川 朗宏 五島 正裕
出版者
日本緩和医療学会
雑誌
Palliative Care Research (ISSN:18805302)
巻号頁・発行日
vol.10, no.1, pp.141-146, 2015 (Released:2015-02-25)
参考文献数
33

終末期がん患者の治療困難な苦痛に鎮静が必要なことがある.日本の在宅療養中の患者に対する鎮静についての報告は,ほとんどない.本研究の目的は,在宅療養中のがん患者に対する鎮静の状況を調査することである.しんじょう医院で,在宅で緩和ケアを提供された,2012年8月から2014年7月までに診療が終了した117例のがん患者のカルテを後方視的に調査した.死亡したがん患者は98例で,自宅で鎮静が行われたのは自宅で死亡した73名のうちの24名(33%),平均期間は,4.4±6.0日,投与薬剤はすべてミダゾラムであった.ミダゾラムの初期投与量は,12.8±6.2 mg/日,最終投与量は,12.4±6.5 mg/日であった.鎮静の対象となった症状は,せん妄が22例であった.在宅療養中のがん患者に,鎮静は必要な治療で,在宅チームが治療,ケアを常時討議することで,適切かつ安全に実施できることが分かった.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (7 users, 7 posts, 0 favorites)

在宅療養中の終末期がん患者に対する鎮静についての後方視的カルテ調査 Palliative Care Research https://t.co/9k6IhmMFsG
公開されているのに気がついていませんでした。 しんじょう医院での仕事をまとめました。自宅でも多くの患者は鎮静を必要としております。鎮静無しと決めてあたれば、緊急入院をするほかありません。しかも最期の数日のためにです。 http://t.co/yefVrbC24k

収集済み URL リスト