著者
西 智弘 小杉 和博 柴田 泰洋 有馬 聖永 佐藤 恭子 宮森 正
出版者
日本緩和医療学会
雑誌
Palliative Care Research (ISSN:18805302)
巻号頁・発行日
vol.12, no.1, pp.901-905, 2017 (Released:2017-01-19)
参考文献数
8

2015年8月から,他院で化学療法中の患者を緩和ケアとして併診する目的で,早期からの緩和ケア外来(EPC外来)を開設.2015年8月~2016年1月に,EPC外来を受診した患者について,初診診察時間,診察の内容,入院・死亡までの期間などについて,診療録から後ろ向きに調査を行い,同時期に腫瘍内科を受診した患者と比較検討した.結果,EPC外来群19名,腫瘍内科外来群11名が,それぞれ延べ80回および117回外来受診.初診外来での診察時間中央値は各45分(10〜106),38分(23〜60)であった(p=0.17).診察の内容は,症状緩和,コーピングなどについてはEPC外来群が有意に多かった.EPC外来群では初診から60日以内死亡が5名(26%)であった.EPC外来で初診に要する時間は腫瘍内科外来と同程度であった.紹介されてくる時期が遅い患者も多く,今後の啓発と継続した実践が重要である.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 5 posts, 12 favorites)

早期からの緩和ケア、腫瘍内科と緩和ケアの統合は、米・欧で積極的に進められているけど実態はどうなのか?日本はまだまだ、この論文書いて1年くらいたつけど状況はほとんど変わっていない「終末期の緩和ケア」 https://t.co/fVtUznCX35
2 2 https://t.co/IixddcBBuR
当院における「早期からの緩和ケア外来」に関する活動が論文化されました。 早期からの緩和ケア外来の実践に関する後方視的研究. Palliative Care Research. 2017; 12. 901-905. https://t.co/mHSgQtxKAU

収集済み URL リスト