著者
犬丸 杏里 玉木 朋子 横井 弓枝 藤井 誠 辻川 真弓
出版者
日本緩和医療学会
雑誌
Palliative Care Research (ISSN:18805302)
巻号頁・発行日
vol.16, no.1, pp.59-66, 2021 (Released:2021-02-16)
参考文献数
17

【目的】単一施設(A大学)で評価を行ってきた終末期ケアシミュレーションを,異なる教育環境(B大学)の看護大学生に実施し,振返りを通して評価する.【方法】終末期ケアシミュレーション実施後,参加者に振返り用紙への自由な回答を求め,内容分析を行った.【結果】参加者は12名であった.振返り内容は,13個のカテゴリー:看護に関する自己の理解,看護に関する自己の肯定的見通しの実感,コミュニケーションに関する知の獲得,終末期に関する知の獲得,学習機会の取得,デブリーフィングによる効果の実感,看護に関する自己の肯定的変化,看護の知の獲得,リアリティの実感,教員の関わりに対する評価,実施方法への評価,場の雰囲気に対する評価,経験への評価に集約された.【考察・結論】終末期ケアシミュレーション参加者は,教育環境にかかわらず,同様の学習経験を得ることが期待できる.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 4 posts, 6 favorites)

【学会ホームページ更新情報】 オンラインジャーナルに B 大学における終末期ケアシミュレーションの質的評価 が追加発刊されました https://t.co/I0z0IasgBX
【Palliative Care Research最新論文】 [ タイトル ] がん診療に携わる医師のスピリチュアルケア研修の効果─無意味を訴える患者に対するコミュニケーションの自信,生きる意味への援助の実践の自己評価,患者に対する態度の前後比較試験─ [ 筆頭著者 ] 的場 康徳 [ DOI ] https://t.co/8oITdpyaEY
【Palliative Care Research最新論文】 [ タイトル ] 看護大学生を対象とした終末期ケアシミュレーションの振返り用紙による質的評価─B大学における追試報告─ [ 著者 ] 犬丸 杏里,玉木 朋子,横井 弓枝,藤井 誠,辻川 真弓 [ 公開日 ] 2021-02-16 [ DOI ] https://t.co/7HLF8LVjm6

収集済み URL リスト