著者
小形 道正
出版者
日本社会学会
雑誌
社会学評論 (ISSN:00215414)
巻号頁・発行日
vol.63, no.4, pp.487-502, 2013-03-31 (Released:2014-03-31)
参考文献数
71

現在ファッションに関する研究は, 複雑かつ多岐にわたる一方で, それら諸研究を綜合的な視座から論じる視点は, ほとんど提示されてこなかった. そこで本稿は, まずこれまでのファッション研究の方法論的視線を明らかにしたうえで, 今後の社会学的課題について検討を行う.本稿では, これまでのファッション研究が, という形式において3つの方法論的視線より論じられてきたことを明らかにする. この3つの方法論的視線とは, , , という視点である.まずでは, 2つの側面からファッションにおける流行現象について論じられてきた. しかし, 結果としてこれらの研究は, ファッションの分類学的研究へと収斂する. 次にのファッション研究では, 根源的な身体を想定し, 衣服を対象化する現象学的研究が存在する一方で, 衣服の歴史性を論じながら, 形式化された身体を発見する研究が存在する. 最後にに準拠する視線では, ファッションにまつわる雑誌の役割と読者の様態が描写される.このように本稿では, まずファッション研究における3つの方法論的視線を明示する. そして, 今後のファッション研究における社会学的課題とは, 3つの方法論的視線を継承し, 綜合するだけではなく, という形式を越えて, 衣服それ自体の社会性とその変容を論じてゆくことであると提示する.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

[fashion studies] 小形道正「ファッションを語る方法と課題」(2012)

Twitter (22 users, 22 posts, 39 favorites)

ヴェブレンの顕示的消費の概念はとても面白い。 何が面白いかって、 消費すること事態が自己を顕在化するとしていること。 格差社会の中で消費を行動で自己を保つというのはリアリティがあるが、 では消費できない層の自己はどうなるのだろう。 #消費 #広告 https://t.co/9rt2nyIHcS
252号63巻4号1.mcd http://t.co/MD9nTGqtEG
小形道正「ファッションを語る方法と課題:消費・身体・メディアを越えて」(社会学評論) http://t.co/n8VgAcQvyZ

収集済み URL リスト