著者
青山 薫
出版者
日本社会学会
雑誌
社会学評論 (ISSN:00215414)
巻号頁・発行日
vol.65, no.2, pp.224-238, 2014 (Released:2015-09-30)
参考文献数
42
被引用文献数
1

本稿は, 公序良俗を守り, 「健康な成人向け娯楽」を提供し, 「女性と子ども」をこの産業から保護する法が, 男女を分け, 女性を, 公序良俗の内部にいる「善い女性」と商業的性行為によって無垢さを失った「悪い女性」に分断する性の二重基準にもとづいていることを批判的に検証する. そして, この法によってセックスワーカー (SW) が社会的に排除され, あるいは保護更生の対象とされることを問題視する. さらに本稿は, 法の二重基準に内包された階級とエスニシティにかかわるバイアスが, グローバル化が広げる格差と不安定さによって鮮明になったことを指摘する. そして, このような二重基準が, 近年, 移住SWをつねに人身取引にかかわる犠牲者あるいは犯罪者と位置づけ, とくに逸脱化・無力化する法とその運用にもあらわれていると議論する.以上の目的をもって, 本稿では, SW支援団体と行ったアウトリーチにもとづいて, 人身取引対策と連動した性産業の取り締まり強化が, SW全体の脆弱性を高めていることを明らかにする. そして, 脆弱な立場におかれたSWの被害を真に軽減するためには, 従来の性の二重基準に替えて, 当事者の経験にねざしたエイジェンシーを中心に性産業を理解し, 法とその社会への影響を当事者中心のものに変化させようと提案する. それは, これもまたグローバル化によって広がっているSWの当事者運動に学ぶことでもある.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (10 users, 11 posts, 6 favorites)

ただ闇雲に取り締まったり、まっとうにやってるとこを潰しても誰も救われないって言うのは割と強く言いたいな 「…性産業の取り締まり強化が, SW全体の脆弱性を高めていることを明らかにする…」 青山薫. "グローバル化とセックスワーク." 社会学評論 65.2 (2014): 224-238. https://t.co/oFXPGu6liI
「…性産業の取り締まり強化が, SW全体の脆弱性を高めていることを明らかにする. …SWの被害を真に軽減するためには, … 法とその社会への影響を当事者中心のものに変化させようと提案する. 」 青山薫. "グローバル化とセックスワーク." 社会学評論 65.2 (2014): 224-238. https://t.co/aRuOX9r01C
気になるテーマの論文だけど、梗概を読む限り性別二元論が前面に出すぎてる嫌いがあるかも、気が向いたらあとで読む J-STAGE Articles - グローバル化とセックスワーク https://t.co/iLA4GdDo7v
@g_g_g_hh https://t.co/onZIj4rR5T 私が言う地下化はセックスワーカーのスティグマ強化や被害が見えにくくなる流れに似ていないかという指摘。河合幹雄氏は前半記事で業界を全面擁護はしていないし、条件をのませるために動いている。それより匿名のあなたの出所不明情報を信じるほうが筋悪いし、業界は動かない
グローバル化とセックスワーク: 深化するリスク・拡大する運動 【特集論文】 青山 薫 #社会学評論 65(2):224-238 (2014) 全文 http://t.co/QsMluo4lS3

収集済み URL リスト