著者
有末 賢
出版者
The Japan Sociological Society
雑誌
社会学評論 (ISSN:00215414)
巻号頁・発行日
vol.33, no.4, pp.37-62, 1983-03-31 (Released:2009-10-19)
参考文献数
31
被引用文献数
2 2

都市の祭礼の特徴は、地域社会、特に祭祀組織との関連で表われてくる。従来の都市祭礼研究では、祭礼の過程については把握できるが、地域住民の生活や都市の社会構造との関連ではまだ議論の余地があるように思う。そこで本稿では、東京都中央区佃・月島の住吉神社大祭を例に、祭礼の過程と構造を祭祀組織の重層性に視点を置きながら見ていく。まず氏子地区の地域特性を佃島と月島地区に分けて記述し、祭祀組織の形態の相違から佃島の祭りを祭礼の内部構造とし、月島の祭りを祭礼の外部構造とした。まず内部構造においては、祭祀組織である住吉講の組織原理として、年齢組と町組によって支えられる地縁性とそれに対するアイデンティティが確認された。しかし、その地縁性は次第に変化してきており、これに対する祭祀組織としての対応も重要である。それに対して祭礼の外部構造である月島地区においては町内会を基礎とする祭祀組織の形態が見られ、広域町内を氏子区域とし、多様な参加階層を含む都市祭礼の特徴が確認できる。以上のように祭礼を記述した後で、内部構造と外部構造の関係を地域社会構造の一つの反映として考察していく。内部と外部を区別する祭祀組織の形態は、住民の居住歴や居住形態と深くかかわっており、地縁性とその変化は大都市社会変動の過程の中で見ていかなければならない。最後に都市祭礼と都市民俗研究の意義と課題についても触れられる。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

"都市祭礼の重層的構造:佃・月島の祭祀組織の事例研究;有末, 賢;社会学評論, 1983 年 33 巻 4 号 p. 37-62 https://t.co/Qhe21b7BCR
有末 賢 1983 都市祭礼の重層的構造:佃・月島の祭祀組織の事例研究. 社会学評論 33(4), 37-62. https://t.co/IAWoay7GEx 博多部に住んでいても流に属するか属しないかで山笠の見え方は全然違うと思いますが,そうした内部外部の構造を理解するのにすごく役立ちそうです。#祭心理学文献

収集済み URL リスト