著者
宮本 顕二 宮本 礼子
出版者
一般社団法人 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会
雑誌
日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌 (ISSN:18817319)
巻号頁・発行日
vol.24, no.2, pp.186-190, 2014-08-31 (Released:2015-11-13)
参考文献数
8

わが国では終末期の高齢者が経口摂取困難になると経管栄養(胃ろう)や経静脈栄養などの人工栄養を行うことが多い.しかし,筆者らが現地調査したスウェーデン,オランダ,オーストラリアではそれらは行われず,アメリカ,オーストリア,スペインでもまれにしか行われていなかった.これらの国では高齢者が終末期に食べられなくなることは自然なことであり,人工栄養で延命を図ることは倫理的でないと考えられている.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (23 users, 25 posts, 33 favorites)

これだこれだ / 欧米豪にみる高齢者の終末期医療 - J-Stage https://t.co/WE5ldvEY8h
欧米豪にみる高齢者の終末期医療 https://t.co/1aZ0ovgyNE
日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌 第 24 巻 第 2 号 186-190 欧米豪にみる高齢者の終末期医療 https://t.co/71KwDAgdE1 https://t.co/id4YgdIHNX
2014年の文献。/「いずれの国も,高齢者が終末期に食欲がなくなるのは当たり前のこととして捉えており,経管栄養を行うことは非倫理的(患者の尊厳を冒す行為)と考えられている. 」欧米豪にみる高齢者の終末期医療 https://t.co/BYGFmqSpKL

収集済み URL リスト