著者
宮本 顕二 宮本 礼子
出版者
一般社団法人 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会
雑誌
日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌 (ISSN:18817319)
巻号頁・発行日
vol.24, no.2, pp.186-190, 2014-08-31 (Released:2015-11-13)
参考文献数
8

わが国では終末期の高齢者が経口摂取困難になると経管栄養(胃ろう)や経静脈栄養などの人工栄養を行うことが多い.しかし,筆者らが現地調査したスウェーデン,オランダ,オーストラリアではそれらは行われず,アメリカ,オーストリア,スペインでもまれにしか行われていなかった.これらの国では高齢者が終末期に食べられなくなることは自然なことであり,人工栄養で延命を図ることは倫理的でないと考えられている.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (2 users, 2 posts)

欧米の事情についての論文を見つけた。「生命維持治療のための医師指示書」が詳細で良い。

Twitter (456 users, 467 posts, 1305 favorites)

日本老年療法学会てのがあったみたいだけど、 https://t.co/Ado5mZGHJM 日本の財政やご高齢の方の尊厳を考えると、世界基準の考えにした方が良くない?都合のいい時だけ、欧米の文献引用してカッコつけてるけど。土台は無視って、、、 https://t.co/gDhwpVfjTL
https://t.co/Ado5mZGHJM リハの人て散々、引用文献は欧米のもの使うけど、そもそも、欧米に過剰な延命もリハもないですよ。 そこは見習わないんだー 不思議 https://t.co/iOywh616mK
この北海道大学の資料に諸外国の終末期の看取り状況について詳しく書かれてますね。 【諸外国の看取り状況について】 https://t.co/cbf682bYyr
この学会シンポジウム要旨からかな。 国や学会主導で基本的な方針は明確にしておいてほしいな。 https://t.co/NIKL25ZP68 https://t.co/nifXTbFq02
日本では終末期に高齢者が食事を摂れなくなると点滴や経管栄養(胃ろうなど)が当然のように行われるが、経管栄養などの広義の延命のための医療行為を行うことは非倫理的(患者の尊厳を冒す行為)と考えられている国々もある。1/ https://t.co/XN5ljB0V35
@Yomuyomupoo #高齢者の終末期医療を考える会 のように、“本当に受けたい医療ですか!?”と問いかけて、海外から見たら虐待・冒涜とされる終末期医療をまず見直して欲しいです。 医療者が、自分が終末期になった時にこうはされたく無いと思いながら他人に強いている医療はおかしいです。 https://t.co/cap4XJ1GLE https://t.co/VYuNbFjaqD
@Boko80690915 色々と検索してみましたが、アメリカもスウェーデンなどと同様、後期高齢者への胃ろう適用は極めて限定的のようです。 またMedicare自体は加入が65歳以上で、保険料の支払いも65歳以上ですね。 素晴らしい制度です。 日本は保険料の支払いを現役世代が行いますから。 https://t.co/6P1uFrKBxA
@eUoDayo1EXGfgFG @sler67 @mph_for_doctors https://t.co/zeSOWWFOrH
https://t.co/erf5oV0Usk #誤嚥性肺炎 #スウェーデン #終末期 #医療 #経口摂取 不可→#経管栄養 も行わない→誤嚥性肺炎発症率も少ない→2週間ほどで安らかに看取り。 #延命は基本無し希望 #本人の事前申請のみ延命希望 https://t.co/gyqgrbcLD2
ている. https://t.co/l188uVy8Y9
@KabuTaro @loveloveramen @25EoU9JJNuxAXgO @converge_mori @Hotokech @oborozukuyo @Isseki3 なるほど。そのあたりは死生観の違いも大きいかもしれませんね。 スウェーデンは元々終末期医療において人工栄養をせず医薬品の投与もできる限り控える国として有名ですが、今回もその考え方に基づいているのでしょう。 ①https://t.co/25u1LC07vd ②https://t.co/XN0CZVnPl8 https://t.co/im1wjWToZM
https://t.co/rHirFgckoH 胃ろうが無い国かぁ。 https://t.co/7lnj2KZgK0
日本では終末期の高齢者が経口摂取困難になると経管栄養(胃ろう)や経静脈栄養などの人工栄養を行うことが多い.しかしスウェーデン,オランダ,オー ストラリアではそれらは行われない。これらの国の延命や死に対する倫理観は違いがある。 https://t.co/lq7p81ASu3
終末期医療の論文 日本では、高齢者が口から飲み食いできなくなると、点滴や胃ろうで水分補給し、利尿剤で排泄させる。寝たきりになり誤嚥性肺炎になっても抗生剤を投与。なかなか死ねない。私はそんな死は嫌。全てではないけど、日本の医療はおかしいところがあると思いますhttps://t.co/u5snoj5m0Q
さっきの北欧の福祉云々はこういうのかな。 欧米豪にみる高齢者の終末期医療 https://t.co/HdnJMbcEHw
これだこれだ / 欧米豪にみる高齢者の終末期医療 - J-Stage https://t.co/WE5ldvEY8h
欧米豪にみる高齢者の終末期医療 https://t.co/1aZ0ovgyNE
日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌 第 24 巻 第 2 号 186-190 欧米豪にみる高齢者の終末期医療 https://t.co/71KwDAgdE1 https://t.co/id4YgdIHNX
2014年の文献。/「いずれの国も,高齢者が終末期に食欲がなくなるのは当たり前のこととして捉えており,経管栄養を行うことは非倫理的(患者の尊厳を冒す行為)と考えられている. 」欧米豪にみる高齢者の終末期医療 https://t.co/BYGFmqSpKL

Wikipedia (1 pages, 1 posts, 1 contributors)

収集済み URL リスト