著者
垣内 優芳
出版者
一般社団法人 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会
雑誌
日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌 (ISSN:18817319)
巻号頁・発行日
vol.27, no.2, pp.206-209, 2018-05-01 (Released:2018-09-20)
参考文献数
17

【背景と目的】最長発声持続時間が嚥下障害者の自己排痰の可否とどのような関係にあるのかは不明である.本研究の目的は,自己排痰可能群と不可能群の最長発声持続時間を比較検討することである.【対象と方法】対象は入院中のFood Intake LEVEL Scaleが10未満の患者である.基本情報,自己排痰の可否を調査し,対象者を自己排痰可能群と不可能群に分類した.両群において,最長発声持続時間を測定した.【結果】対象者は自己排痰可能群10名,不可能群10名であった.不可能群の最長発声持続時間は3.3秒であり,可能群の8.8秒に比べ有意に低値であった.【考察】不可能群の最長発声持続時間低値は,嚥下機能の低下に関連し,同時に咳嗽メカニズムの第3相(圧縮)不足による咳嗽機能低下を併発していると考えられた.【結論】不可能群の最長発声持続時間は,可能群に比べ有意に低値であり,嚥下障害患者の自己排痰の可否を判断する見極めに最長発声持続時間が有用である可能性が示唆された.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (13 users, 14 posts, 32 favorites)

咳嗽反射(各相別での理学療法評価) ●第1相 咳テスト:不顕性誤嚥の有無を評価→咳が誘発させるか否かの確認 ●第2相 胸郭拡張差・吸気筋力: 胸郭の可動性、吸気筋力を評価 ●第3相 MPT:声門閉鎖能力を評価 ●第4相 呼気筋力:呼気の筋力を評価 CPF:咳嗽力を評価(第2-4相) https://t.co/PqpWlaosSh https://t.co/0IfJnjFoSq
MPT(最長発声持続時間)  ●母音/aの音を最長の発声時間を測   定    ○自己排痰可能  8.8秒以上    ○自己排痰不能  3.3秒以下 https://t.co/PqpWla6S0J
最長発声持続時間(MPT) 自己排痰可能群10名、自己排痰不可能群10名の検討 可能群のMPT8.8秒に対し、不可能群3.3秒という結果。 話変わりますが、声門閉鎖に加え、橋や小脳疾患の方は呼気筋群の低下が多い印象。咳嗽による胸腔内圧や気道内圧が高められなさそう。 https://t.co/vziyydjsmy

収集済み URL リスト