著者
石川 希典 佐藤 弘喜
出版者
Japanese Society for the Science of Design
巻号頁・発行日
pp.185-185, 2006 (Released:2006-08-10)

世代間における鉄道券売機のインターフェイスに対する、使いやすさのイメージの違いがあると思われる。それは高齢層の被験者、非高齢層の被験者では、それぞれ使いやすいと感じる傾向が違うと考えられるからである。この世代間における、使いやすさのイメージの違いについて研究を行った。 高齢層、非高齢層に分類した被験者に対して、インターフェイスの比較及び評価実験を行った。これによりどういった操作に対して、高齢層、非高齢層の被験者が使いやすいと感じ、使いにくいと感じるかを明らかにした。全ての評価実験、解析の結果から、高齢層、非高齢層における、使いやすいと感じるインターフェイスの傾向を明らかにし、デザインのポイントとする。そして関連研究と本研究の研究成果から、券売機のインターフェイスデザインを改善したデザイン提案及び、モデルの制作を行う。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (91 users, 91 posts, 83 favorites)

意外と進化して、る、のか?券売機 https://t.co/mpm4S75805 https://t.co/C8Li6bjyAw ∟https://t.co/Q6CfDzQFz4 https://t.co/xUhKerOFNx ∟https://t.co/jeCs9LK2Ke
@AKT_TR 出張で何度か使いましたが、そういえばそうでした… 軽く調べてみましたがあまり議論されてないようで意外です。下の記事ぐらいでしょうか。 https://t.co/O73yDmqqND 仰っていた駅名を入れる改善案も最… https://t.co/7EaYrBlm6k

収集済み URL リスト