2 1 0 0 OA 大野玉枝研究

著者
常見 美紀子
出版者
Japanese Society for the Science of Design
巻号頁・発行日
pp.80-80, 2006 (Released:2006-08-10)

バウハウスの日本人留学生は、水谷武彦、山脇巌・山脇道子夫妻、そして大野玉枝の4人であった。前者3人は既にバウハウス関連研究では知られた人物であった。しかしながら、四人目のバウハウス入学者、大野玉枝は、ベルリンに移った私立バウハウスの学生名簿に明記されているにもかかわらず、情報はほんとんどなく、その後の消息は不明であった。 今回は戦前の『住宅』における大野のファッション作品と記事、『NIPPON』に掲載された紹介記事、および戦後における日展を中心とするテキスタイルデザイン作品について考察する。 特に、大野玉枝のその後の活動がなぜほとんど知られることがなかったという理由について、夫である大野俊一(ドイツ文学者)の当時の政治的な活動と関連することが明らかになった。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 3 posts, 6 favorites)

本日のメモ1。 バスハウスの日本人4人。 水谷武彦https://t.co/1Pv3tvmFVA 山脇巌・道子https://t.co/04r2CuYpgq 大野玉枝https://t.co/ZKb0AAtnW7

収集済み URL リスト