著者
松崎 元 大内 一雄 上原 勝 上野 義雪 井村 五郎
出版者
一般社団法人 日本デザイン学会
雑誌
デザイン学研究 (ISSN:09108173)
巻号頁・発行日
vol.45, no.5, pp.69-76, 1999-01-31 (Released:2017-07-21)
参考文献数
13
被引用文献数
4

つまみ・水栓金具・ふた等の操作具を前提とした円柱の回転操作において, 使用する指の状況が円柱の直径の変化によって, どのように推移するかを検討するため, 32名(19〜20歳の男性23名, 女性9名)の被験者で実験を行った。実験の方法は以下のようなものである。直径が7mm〜130mmの間で異なる木製の円柱(高さ50mm)を45本用意し, 無作為に選択された各円柱を, 順に台上の回転軸に差し込み, 右手で時計回りに回転させる。操作の状況は, 下方からビデオカメラで撮影し, 得られた画像から各指と円柱の接触状況を判断した。その結果, 回転操作開始時に使用する指の本数が変化する境界値を, 相対的に図示し把握することができた。また, 円柱の直径が増大するのに伴って, 各指の接触位置がどのように推移するかを二次曲線で近似でき, その傾向が明らかになった。この結果は, 回転操作機器の形状デザインに役立てることができる。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (111 users, 114 posts, 219 favorites)

読んでる 円柱形つまみの回転操作における指の使用状況について https://t.co/W1cthCIeMU
Ingenjörskonst: Hur folk vrider på runda ting, och hur de kan utformas för att bli mer (eller mindre) lätthanterliga. https://t.co/7HUFHwxbM7 (japanska)
L'article (si vous lisez le japonais) : How to Use Fingers during Rotary Control of Columnar Knobs https://t.co/eBPPV4gJGq
#ns954 原文はまともな論文。「円柱形つまみの回転操作における指の使用状況について」(日本語で読めます。) (PDFファイル)https://t.co/193iSjoAzr https://t.co/93OnPcfxHJ
松崎先生のイグノーベル賞の論文、1999年の日本語の論文 https://t.co/mUc74ZHtkg
イグノーベル賞工学部門を受賞した日本の論文をチラ見してみました。 ドアノブのサイズによる使う指の本数の変化や軌道などについて。 https://t.co/qSB9gd1NTF とても平和です。
円 柱 形 つ ま み の 回 転 操 作 に お け る指 の 使 用状 況 に つ い て (日本語での論文) https://t.co/F7ecbSOIIB 2022年日本でイグノーベル賞を受賞
今年のイグノーベル工学賞受賞論文。人がノブを回すとき、ノブの直径と回すのに使用する指の数の相関をみたもの。 https://t.co/L9orva5ZZk
これかな。1999年。 物理寸法の重要性が分かる。 現代のタッチパネルのAPIには物理寸法を知る方法が提供されていないのが残念。 「円柱形つまみの回転操作における指の使用状況について」 https://t.co/gxaCV1AeAn
J-STAGE Articles - 円柱形つまみの回転操作における指の使用状況について https://t.co/HOFhb1nqxK デザイン学研究 / 45 巻 (1998) 5 号 https://t.co/3rZkk8CzIL
"また, 円柱の直径が増大するのに伴って, 各指の接触位置がどのように推移するかを二次曲線で近似でき, その傾向が明らかになった" https://t.co/z7kUcLr8gw
@Damkyan_Omega N’empêche que maintenant je connais la meilleure méthode pour tourner un bouton. https://t.co/His8kRMYoQ
イグノーベル賞を受賞した日本の論文はこれらしい https://t.co/jdMg9ieybO
https://t.co/DmkCxv54vS 円柱形つまみの回転操作における指の使用状況について イグノーベル賞受賞おめでとうございます 手の大きさも関係するんでしょうか? 松崎教授らは7mmから130mmの間で異なる木製の円柱を用意し、32名に対して右手で回転させました。その結果、円柱の直径によって指の本数と
読むしかない。 https://t.co/8L022BWC5V
Premio de ingeniería: por intentar descubrir la forma más eficaz de usar los dedos para girar un interruptor (rotatorio) https://t.co/SaoHD9IOcb https://t.co/fG5XK3urEE
イグノーベル賞の日本人の研究、日本語の論文で20年以上前に発表されたものらしい https://t.co/xMY4On0NWT 機械翻訳で海外の人の目に触れて再評価されるのでは?とNスタで言っていた。
【イグノーベル賞 受賞!】 イグノーベル賞を受賞された松崎元先生による、円柱形つまみの回転操作に関する論文はJ-STAGEでお読みいただけます。 https://t.co/DxYFWCMuTe https://t.co/EhYbIPJDrp https://t.co/iEhhXAjiMo
ああびっくりした イグノーベル賞2022工学賞を受賞したの千葉工大のチームだった 円柱形つまみの回転操作における指の使用状況についてhttps://t.co/s6tBJIoaEr
https://t.co/DOOcEWKuC8 "無作為に選択された各円柱を,順に台上の回転軸に差し込み,右手で時計回りに回転させる。" "被験者は、19〜20歳の学生32名(男性23名、女性9名)で、右利きの者を対象として操作実験を行った。"
J-STAGE Articles - 円柱形つまみの回転操作における指の使用状況について https://t.co/ma56FkyPxG
デザイン科学科 松崎教授が「円柱形つまみの回転操作における指の使用状況について」の研究でイグ・ノーベル賞を受賞 | 千葉工業大学 https://t.co/ZejyPURrBC 円柱形つまみの回転操作における指の使用状況について https://t.co/Jhd5eg4S8m
J-STAGE Articles - 円柱形つまみの回転操作における指の使用状況について https://t.co/2rYvZcAZh2 イグノーベル賞取った論文、普通にデザインするうえで役に立つ話だなって
https://t.co/tLWDnBWp7H
受賞の対象になった論文はこれ https://t.co/Pm2TgKxoa8
You can read their crowning achievement in scientific literacy (JP fluency required) here. https://t.co/Ek85FQ02yA
ボルテ勢必見(?)だろ知らんけど https://t.co/jzjVvFAn6W
円柱形つまみの回転操作における指の使用状況について 日本人研究者がイグノーベル賞の工学賞を受賞。 https://t.co/p4Xskze8Zy
円柱型つまみの回転操作における指の使用状況について https://t.co/ZF2I9lJWEQ
Robot grasping is not as biomimetic as people usually expect it to be, but I still sent this around at work :-) ( https://t.co/gHqCBS6bFx appears to be the upstream paper.) https://t.co/YmCgBybg9e
工学賞は「つまみを回す際、最も効率的な指の使い方の解明に挑戦したこと」 円柱形つまみの回転操作における指の使用状況について https://t.co/KqJdDCM4cR #IgNobel
松崎 元, 大内 一雄, 上原 勝, 上野 義雪, 井村 五郎 円柱形つまみの回転操作における指の使用状況について https://t.co/KoFCoDaaWf こちらがイグノーベル賞工学賞受賞論文だそうです(日本語で,誰でも無償で読めます).

収集済み URL リスト