著者
川上 比奈子
出版者
一般社団法人 日本デザイン学会
雑誌
デザイン学研究 (ISSN:09108173)
巻号頁・発行日
vol.63, no.6, pp.6_57-6_64, 2017-03-31 (Released:2017-05-10)
参考文献数
29

漆芸家、菅原精造はアイリーン・グレイに日本漆芸を教え、共同し、彼女の作品に影響を与えた。本稿の目的は、日本とフランスの菅原の遺族に取材し、関連文献・史料を調査してグレイが学んだ菅原の漆芸習得の背景を明らかにすることである。結果、次の事実が明らかになった。1)菅原の漆芸技術の習得は、圓山卯吉が創設し運営した山形県酒田市の教育機関兼事業所「カワセ屋」での修行に始まる。 2)「カワセ屋」が木工・家具製作に重点をおいていたことから、菅原は木工・家具製作の技術も習得していた。 3)菅原に漆芸を教えた師匠の一人は漆器職人、森川奇秀である。 4)菅原は、1901(明治34)年9月に東京美術学校漆工科に入学し、1905(明治38)年11月に渡仏した。同校に4年以上在学したが、卒業はしていない。 5)東京美術学校漆工科における主な教員は、彫刻家・高村光雲、漆芸家・川之辺一朝、漆芸家・辻村松華である。6)東京美術学校で菅原が学んだ内容に高村から学んだ彫刻の要素が含まれている。7)菅原は自身を漆芸家としてだけでなく彫刻家と自任していた。以上から、グレイは漆塗りの技術だけでなく、家具の製作や彫刻など立体造形の技術も菅原から学んだと考えられる。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 4 posts, 7 favorites)

昨日からガイヤールのパリの工房で働いた日本人職人が気になっている。ガイヤールはわざわざ日本に視察にきて招致したらしいのですが、どういう人生を歩まれたのか。 ググった範囲だと漆芸家の菅原精造氏はよく出てくるのですが…… https://t.co/qpak3B5bAR
こ、これは、私がずっとしりたかった謎の漆職人スガワラのことではないか。こんなに詳しく詳細がわかるなんてうれしいなあ。 │川上比奈子 摂南大学 アイリーン・グレイが学んだ菅原精造の日本漆芸の背景 https://t.co/EyjcdOvIVb
アイリーン・グレイが学んだ菅原精造の日本漆芸の背景 https://t.co/dS7gYvXDd1 高村光雲と一緒に写っている写真もある。女性頭部の彫刻の写真なども。 「菅原は、 自身を漆芸家としてだけでなく彫刻家と自任していた」ことが示されている。

収集済み URL リスト