著者
小林 傳司
出版者
一般社団法人 日本科学教育学会
雑誌
科学教育研究 (ISSN:03864553)
巻号頁・発行日
vol.31, no.4, pp.310-318, 2007-12-27 (Released:2017-06-30)
参考文献数
10
被引用文献数
2

A Japanese boom of science communication beginning in 2005 shares some characteristics with advanced countries. This paper explores the background of a sudden boom of science communication in Japan into the struggle, common to advanced countries, for redefining the roll of technoscience in society. Firstly, it is shown that there are two kinds of motivations which triggered the boom of science communication. The first one is an erosion of public trust in experts of technoscience in the 90s. The second one is the changing role of technoscience from a symbol of national prestige to a tool of economic growth. Then, the characteristics and challenges for Japanese science communication activities are discussed.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (6 users, 7 posts, 9 favorites)

@QM_phys_kyoto 部分的な回答でしかないけど、これによればサイエンスコミュニケーションには「欠如モデル」と「対話モデル」というのがあるらしいね。 https://t.co/sO553pwJuy
科学者の「社会リテラシー」は,下記の小林傳司先生の論文に出てくる言葉です.この論文,2007年の出版ながら,着眼点が非常に鋭いので一読をお勧めします. https://t.co/Rvq0johlE8 小林傳司. "科学技術とサイエンスコミュニケーション." 科学教育研究 31.4 (2007): 310-318.
啓蒙から対話へとシフトするきっかけとなった専門家と非専門家との齟齬の話,現状にも結構当てはまっているように思える. https://t.co/qWokCen0Zs

収集済み URL リスト