著者
上田 祥平 平林 真伊 清水 美憲
出版者
一般社団法人 日本科学教育学会
巻号頁・発行日
pp.491-492, 2014-09-13 (Released:2018-05-16)

STEM教育は,科学・技術・工学・数学を統合的に扱うことで,21世紀型能力等,これからの社会に求められる力の育成を目指す.学校数学の立場からこのSTEM教育をみると,理数系教育の新たな取り組みとして今後の展開が期待される一方,他分野と統合的に扱われるなかで数学の内容が後退するという問題点も挙げられる.本稿では,重要な数学の内容が含まれる活動として紹介されていたSTEM教育の活動の実践例を分析し,STEM教育での生徒の探究活動において数学化がどのような役割を果たしているのかを考察する.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

@kiitakashi 島田委員 国語教育学,高大接続 https://t.co/otpcsJztOA https://t.co/QxKgHwH2OI 清水委員 数学教育学 https://t.co/1Si9fvOpe5 https://t.co/CTXE83xa7e

収集済み URL リスト