著者
鈴木 公啓
出版者
日本社会心理学会
雑誌
社会心理学研究 (ISSN:09161503)
巻号頁・発行日
vol.30, no.1, pp.45-56, 2014-08-18 (Released:2015-06-06)
参考文献数
48
被引用文献数
2

Body image disturbance and body image discrepancy considered as factors of body dissatisfaction and a drive for thinness were investigated. Participants were presented with new figural stimuli (contour drawings/silhouettes) ranging from thin to heavy developed based on real and objective data—human body size measurements and 3-D image data. Results indicated that female participants overestimated their body size, though the degree of overestimation is not particularly large. It is suggested that competition with members of the same sex generates body dissatisfaction and a drive for thinness. Furthermore, participants rated ideal body size thinner than their perceived body size. It was found that the differences between perceived body size and ideal body size relate to body dissatisfaction and a drive for thinness.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 8 posts, 0 favorites)

@misterningen 体型って差別用語なんだあ〜ソースある?
https://t.co/SdQVHRZojM ボディイメージに関する研究があったから貼っとこう
【社会心理学研究・掲載論文】鈴木(2014) 新しいシルエット図による若年女性のボディイメージと身体意識の関連についての再検討 https://t.co/CoCLk9Yl6u
【社会心理学研究・掲載論文】鈴木(2014) 新しいシルエット図による若年女性のボディイメージと身体意識の関連についての再検討 https://t.co/CoCLk9GKeW
【社会心理学研究・掲載論文】鈴木(2014) 新しいシルエット図による若年女性のボディイメージと身体意識の関連についての再検討 https://t.co/CoCLk9Yl6u
【社会心理学研究・掲載論文】鈴木(2014) 新しいシルエット図による若年女性のボディイメージと身体意識の関連についての再検討 https://t.co/CoCLk9Yl6u
【社会心理学研究・掲載論文】鈴木(2014) 新しいシルエット図による若年女性のボディイメージと身体意識の関連についての再検討 https://t.co/CoCLk9Yl6u

収集済み URL リスト