著者
大渕 憲一
出版者
日本社会心理学会
雑誌
社会心理学研究 (ISSN:09161503)
巻号頁・発行日
vol.6, no.2, pp.119-129, 1991-02-20 (Released:2016-11-30)

The present paper reviewed empirical research on the effects of violent pornography on male audience. Some laborabory research found that violent pornography depicting rape scenes increased male subjects' aggression against female targets, even when they were not angered by the victims. In other studies, the male audience of violent pornography showed more rape-supportive attitudes, that is, they perceived rape as less criminal and accepted more rape myths. These findings implied that it may increase rape proclivity in males. Rapists displayed more sexual arousal than non-rapists to rape scenes in several experiments, but some researchers held the assumption that the non-rapists were also aroused by rape scene but they inhibited their arousal because of a feeling of guilt. The majority of normal men really showed some similarities to rapists in cognitions or beliefs on women's sexuality and rape. In conclusion, it was alleged that sexual aggression is not a personal pathological problem but a socio-cultural issue which has much bearing on male dominant value system.

言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (1 users, 1 posts)

とりあえず論文を良く読んで知識を付けてください https://www.jstage.jst.go.jp/article/jssp/6/2/6_KJ00003725135/_pdf ※別にあなたを悪く言っているのではないです

Twitter (20 users, 27 posts, 21 favorites)

@chasyan また、実証的な研究によってメディアの影響は強く示唆されています。現代では否定されているなんてのは、あまりにも学問に対し不誠実な態度です。 https://t.co/VeFgr2CxZO
@function7007 どうぞ https://t.co/VeFgr2CxZO
@giteki では、こちらもどうぞ https://t.co/VeFgr2CxZO
だからこの論文 https://t.co/VeFgr2CxZO 読んでくださいな。ウィスコンシン大学など複数の大学の研究結果です。 https://t.co/Lgyt8KmLpF
暴力的な性表現が暴力を引き起こすことは、実証的に証明されてしまってます。残念ながら。 https://t.co/VeFgr2CxZO ただし、そこで公権力が表現規制に動き出すのは反対ですがね。 https://t.co/q5T1b9W9Qd
性暴力と性的表現の関係についての、なかなかに包括的な論文である。 https://t.co/VeFgr2CxZO かいつまんで言うと、性暴力を描いた表現物は、女性への暴力を増やす。そういう実証的な効果が出ているわけね。
そう言う研究なら結構たくさんされているようだ。 「暴力的ポルノグラフィー: 女性に対する暴力、 レイプ傾向、 レイプ神話、 及び性的反応 と の関係 」大渕 意一 (東北大学)⁰https://t.co/CX6yJzMSaF

収集済み URL リスト