著者
辻田 眸 暦本 純一
出版者
日本ソフトウェア科学会
雑誌
コンピュータ ソフトウェア (ISSN:02896540)
巻号頁・発行日
vol.29, no.4, pp.4_305-4_315, 2012-10-25 (Released:2012-11-25)

高齢化など様々な要因で,独居生活を選択あるいは余儀なくされている人は少なくない.孤独な生活により感情状態が悪化し,うつ病や心の病にかかるなど深刻な問題である.一方,心理学者ウィリアム・ジェイムズの言説で,「人は幸福であるが故に笑うのではなく,笑うが故に幸福である」という考え方がある.これは笑顔形成が感情状態を向上させる可能性を示唆している.そこで本論文では,日常生活のなかで積極的に笑顔をつくることを促進し,感情状態の向上を支援するシステム「HappinessCounter」を提案する.笑顔促進のために,ユーザが日常的に行う作業時に笑顔形成を促し,フィードバックを与えたり,ソーシャルネットワークサービスなどと連携させることで,より積極的に笑顔形成を支援し,感情状態の向上を目指す.さらに試作したシステムを実際の日常生活で利用してもらい評価実験を行った.実験結果から,本システムが笑顔促進に効果的に働き,また家族間のコミュニケーションにも影響があったことが窺えた.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

@Te52W74 うつ病改善には効果あったみたい。 笑わないと開かないソニーの冷蔵庫が2012年グッドデザイン賞を受賞 - GIGAZINE https://t.co/SV4ywHhUHV https://t.co/8gs2n7NnOO
@hiroki_11x https://t.co/PDRzoN6zH5 あたりも読まれると良いかと。

収集済み URL リスト