著者
大堀 淳
出版者
日本ソフトウェア科学会
雑誌
コンピュータ ソフトウェア (ISSN:02896540)
巻号頁・発行日
vol.31, no.1, pp.1_30-1_42, 2014-01-27 (Released:2014-03-27)

コンパイラの構文解析器に広く使用されているLR構文解析の原理を解説する.LR構文解析の基礎をなすアイデアは,「正規言語の解析手法を繰り返し使い,文脈自由文法の幅広いクラスを解析する」という(多くの優れたアイデアがそうであるように)単純なものである.Knuthは,この直感的で単純なアイデアを基礎とし,緻密な理論的な展開と巧みな実用化戦略によって,構文解析におけるブレークスルーを達成した.本解説では,LR構文解析が基礎とするアイデアに即してその原理とアルゴリズムの構造を解説する.これらを理解するならば,一般に複雑で難解なものと受け取られているLR構文解析法の全体像が容易に理解できるはずである.本解説では,オートマトンの基礎知識を持つ一般の読者が,LR構文解析の考え方と原理を理解できることを目指す.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (4 users, 4 posts)

[コンパイラ][アルゴリズム]
[構文解析][コンパイラ]

Twitter (91 users, 108 posts, 176 favorites)

“Eijiro Sumiiさんのツイート: "論文本体(無料公開)はこちら:https://t.co/hQ5ihAvnXH 元となった大堀先生のコンパイラの授業はこちら:https://t.co/mpV4AOwrjh 「既存のコ…” https://t.co/bEhnTFRWZy
https://t.co/AI58mWkWbN
論文本体(無料公開)はこちら:https://t.co/GgGiKyXS5w 元となった大堀先生のコンパイラの授業はこちら:https://t.co/N5wTq7w5Kb 「既存のコンパイラの教科書では,例えばこの基本的な原理の基礎となるアイデアなどが極めて分かりにくい」
ML系言語のコンパイラSML#を開発していますが,この講義では古典的なLR構文解析の原理を詳しく扱います.その意図は,「LR構文解析の原理」(以下のJ-Stageのリンク)の「はじめに」をごらんください. https://t.co/Ra9yDPf48X
@namachan10777 じゃけんパーサージェネレータ自作しましょうね https://t.co/3kEOLDOX99
“LR構文解析の原理” https://t.co/IeW7Xl0wuW
S=>a1=>…=>an=>w って書き換えて行く系列が、文法構造を表している。したがって、構文解析の問題は、Sからwに行く系列を見つける事で解決出来るらしい。 https://t.co/Dlb10ILa8z っとこれを突然読んでるw
大堀先生って哲学科出身だったの…。 [PDF] https://t.co/lkb98b8NQ0
LR構文解析の原理 https://t.co/Pq5bqflHUI わかりやすくてよかった
よんでる http://t.co/NhwP9dyuNp

収集済み URL リスト