著者
村井 宏徳 加藤 明里 神戸 信人 高瀬 達夫 鈴木 弘司 森田 綽之
出版者
一般社団法人 交通工学研究会
雑誌
交通工学論文集 (ISSN:21872929)
巻号頁・発行日
vol.3, no.2, pp.B_67-B75, 2017-02-01 (Released:2017-02-01)
参考文献数
2

宮崎県児湯郡川南町の一般国道 10 号には,沿道商業施設の往来等から,乱横断する歩行者・自転車が多く,死亡事故が発生する単路区間が存在していた.このため,交通安全対策として,我が国で初めて信号機を設置せず,横断歩道を食い違いに配置した無信号の食い違い二段階横断施設が導入された.本研究は,我が国で初めて導入された,この二段階横断施設の導入効果を明らかにするために,導入前後に実施した各種調査の結果を用いて,二段階横断施設の安全性,円滑性の評価と,横断特性の変化を分析した.分析の結果,二段階横断施設の利用者が増加して乱横断が減少し,車両と接近した横断の減少や横断待ち時間の短縮等の安全・円滑面の効果が確認できた.また,歩道部より横断待ち時間が短縮する等の食い違い二段階横断の特性が確認できた.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 4 posts, 4 favorites)

先に挙げた清瀬の事例より早い宮崎県の横断歩道は交通実態を報告する論文も出ています(再ツイート)。 村井ら (2017) 無信号の食い違い二段階横断施設による利用者挙動と意識に関する研究 https://t.co/5E85M03NU6
それより早い宮崎県の事例は交通実態を報告する論文も出ています。 村井ら (2017) 無信号の食い違い二段階横断施設による利用者挙動と意識に関する研究 https://t.co/5E85M03NU6

収集済み URL リスト