著者
国立研究開発法人科学技術振興機構
出版者
国立研究開発法人 科学技術振興機構
雑誌
JSTnews (ISSN:13496085)
巻号頁・発行日
vol.2019, no.4, pp.3, 2019-04-01 (Released:2019-04-30)

従来のエレクトロニクスは電子の持つ電荷に注目して構築されてきたが、20世紀後半のナノテクノロジーの発展は、電子の自転であるスピンの利用を可能にした。スピンの流れ、すなわちスピン流の物理現象に世界に先駆けて着目し、スピン流の基礎物理法則を解明してきたのが、東京大学大学院工学系研究科の齊藤英治教授だ。スピン流を組み込んだ電磁気学の体系化とともに、新しいエネルギー技術の開発や次世代磁気デバイスへの応用を目指す。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 10 favorites)

物理法則の新たな歴史を創るスピン流 齊藤英治 東京大学 大学院工学系研究科 教授 https://t.co/nEGGVz4LoY

収集済み URL リスト