著者
佐伯 覚 蜂須 賀明子 伊藤 英明 加藤 徳明 越智 光宏 松嶋 康之
出版者
一般社団法人 日本脳卒中学会
雑誌
脳卒中 (ISSN:09120726)
巻号頁・発行日
pp.10668, (Released:2019-08-08)
参考文献数
36

要旨:若年脳卒中患者の社会参加,特に復職は重要なリハビリテーションの目標であり,ノーマライゼイションの理念を具現化するものである.国際生活機能分類の普及に伴い,社会参加の重要性が再認識されている.また,政府が主導している「働き方改革」に関連した「治療と就労の両立支援」施策の一つとして,脳卒中の就労支援が進められている.しかし,脳卒中患者の高齢化・重度化,非正規雇用労働などの労働態様の変化は脳卒中患者の復職に多大な影響を与えており,若年脳卒中患者の復職率は過去20 年間,40%に留まっている.脳卒中患者の復職は医療だけでなく福祉分野とも関連し,職業リハビリテーションとの連携,さらには,復職予定先の企業等との調整など様々なレベルでの対応が必要であり,医療福祉連携を超える高次の連携が必要となる.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (23 users, 23 posts, 58 favorites)

脳卒中の復職について。 若年脳卒中患者の復職率は過去20年間、40%程度。医療だけでなく、福祉分野、復職先、職業リハとの連携が必要。 復職条件の中に「障害の受容ができている」とあったが、実際に働きながら障害を認識し、受容していける方もいるので難しいところです。 https://t.co/KghEeuvXC5
通勤用に自動車を改造し、ADLも自立、年齢も若く就労意欲も高いのに会社の事情もあるのでしょうが、やるせない思いです。 https://t.co/Pc3xQ6bckP
急性期ばっかりしかやってこなかったから知らなかったけど、社会的に需要が高い神経内科の仕事って脳卒中後の就労支援なのかな。 https://t.co/o0bJwcFZCK

収集済み URL リスト