著者
グレッグ シモンズ ポール ヤング ジェフ マッキー ジョーン メアーズ 水野 哲男
出版者
獣医疫学会
雑誌
獣医疫学雑誌 (ISSN:13432583)
巻号頁・発行日
vol.15, no.1, pp.1-9, 2011-07-20 (Released:2012-03-23)
参考文献数
35
被引用文献数
3 4

新奇なコアラレトロウィルス(KoRV)と呼ばれるガンマレトロウィルスが2000年にコアラより分離された。残念なことに引き続き行われた調査から,KoRVはオーストラリアのコアラの個体群に広く拡がっているようである。現在KoRVは,活発に内因性化する過程にある外因性レトロウィルスの唯一の知られている例であり,非常にユニークなウイルスである。現在KoRVが病気の原因となる直接的で明確な証拠はわずかであるが,KoRV感染がコアラの臨床上,通常よく診断される種々の新生物や,様々な免疫不全症の病因として重要な役割を果たしている可能性があるか,もしくはその確率が高い。KoRVは,近縁であるオーストラリア固有のげっ歯類であるバートンメロミス(Melomys burtoni)のレトロウィルスの異種間交差感染を介して出現した可能性がある。これら2種のウィルスは,第三番目のレトロウィルスであるテナガザル白血病ウィルス(GALV)に対しても近縁である。GALVは白血病を罹患していたタイの捕獲下のテナガザルから1960年代後半に最初に分離された。しかし,現在に至るまでGALVの感染源は不明である。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 3 favorites)

ズーネットのお知らせにあったように、コアラレトロウイルスはゲノムに内在化、生殖細胞に感染することにより親から子へと受け継がれていく 北方系コアラについて考える時、コアラレトロウイルスの問題が常につきまとう コアラレトロウィルスの疫学 https://t.co/mDfbVotxYN

収集済み URL リスト