著者
山田 章雄
出版者
獣医疫学会
雑誌
獣医疫学雑誌 (ISSN:13432583)
巻号頁・発行日
vol.18, no.1, pp.1-3, 2014-07-20 (Released:2015-01-07)
参考文献数
9

Globally more than 50,000 people die of rabies every year. Most of victims are kids under 15 year of age and are reported from Asia and Africa. There are only limited areas where rabies has been eliminated or historically no incursion of rabies has ever been reported. As more than 99% of rabies death in humans occurs by dog bite, it is evident that the most important and effective preventive measures is canine rabies control. In rabies endemic countries, therefore, every effort to control rabies by vaccination of dogs along with dog population control should be implemented. It has been shown that elimination of canine rabies is feasible even in those countries where the burden of rabies is tremendously high. On the other hand one of the most effective measures taken by rabies-free countries to maintain their rabies-free status is strict import restriction of dogs. In this article the measures implemented in several rabies-free countries or areas to sustain their rabies-free status have been reviewed.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (13 users, 19 posts, 15 favorites)

@miyabi39mama @rarakikijiro さて、この話は何周目になるのでしょうか。(儲け主義の?)獣医はあえて「野犬」「飼い犬」を区別せず「犬の7割がワクチン打ってないと流行する!」というWHOの報告を金科玉条として利用しますが、そのWHOは、「ワクチン接種はあくまでオプション」と言ってますね。https://t.co/clRsWaP7l4
WHOによれば狂犬病清浄国においてのワクチン接種はオプションのようだけど、日本がそれに従う必要もないですね(ほかの清浄国がどの様な対策やってるのかは興味深いです) https://t.co/XAcz3h0won https://t.co/3NhX3iCqh7
「オーストラリアについても狂犬病対策の中心は検疫である。オーストラリアではイヌの輸出国をリスクに応じて 3カテゴリーに分け,段階的な義務を課している。」「オーストラリアでも国内で生まれたイヌについてのワクチン接種は義務付けられていない。」https://t.co/KiqjfQ7KrN
第 39 回 獣医疫学会学術集会 シンポジウム“狂犬病の疫学とその対策―獣医疫学が社会に果たす役割―” 清浄国における狂犬病対策はどうあるべきかhttps://t.co/GREHLkRt0n こちらによればオーストラリアでは検疫主体の対策で(ハワイとかもそう)イヌに対する接種は義務化されていない。
R0(基本再生産数):感染症に罹った1人(犬なら1匹)が平均して何人に直接感染させるかという数。 1.03~2.33というのはこちらからですかね。(ワクチン接種率の目標についても書かれてます) https://t.co/UDi0oNFXnT 現在の日本の犬の登録数に対する予防接種率の割合は70%程。 ですが・・・(続 https://t.co/r7vcFJblyI
@gTu6wEFUWU4uNhY @tepsyu @BodewigLOVE https://t.co/URMBOT5wZ7 日本同様に、清浄国である各国での扱いを見る限り、#狂犬病 #予防接種 の悉皆接種に勤しむ国は、日本くらい。国境越える犬に確実に打たせる方が、ベター。 ……ワクチンを売り込みたい人たちにとっては、聞く耳持たずでしょうけど(獣医師にとっての他の儲け口はもうあるのに)
@BodewigLOVE (日本と同じく、狂犬病の発生していない地域たる英国ですら、#狂犬病 #予防接種 義務は廃止) 狂犬病の発生していない地域の制度面https://t.co/URMBOT5wZ7を眺める限り、悉皆接種の意義は既に破綻している。 国境を越える場合に限った接種(or十分な待機期間の設定)で、十分。 詐欺師は売りたがる……
狂犬病については思考停止せず、これ読んでから発言しないといかんと思う。https://t.co/4uhGPyipOl https://t.co/exfHtBqDyv
@yutakirima2015 https://t.co/XG3Ow5rBem あるいはやや古いですが、リンク先の論文の内容が参考になるかと思います。
"イヌにおける狂犬病の流行をくいとめるには最少で 2.9%,最大で 57% のイヌが有効抗体を獲得できればよいことになる" 幅が大きすぎるんですがそれは https://t.co/XAcz3h0won
清浄国における狂犬病対策はどうあるべきかhttps://t.co/XAcz3h0won / 一方でこのレポート見るとサーベイランスがより重視されるようだし獣医師不足とも関わってくるかも知れない
"清浄国におけるイヌへの狂犬病ワクチン接種に関してはオプションとして位置付けている" WHOがこのように位置づけているのであれば、予防接種をこのまま継続するのか、継続しないのかは検討の余地がありそうですね https://t.co/XAcz3h0won https://t.co/6eJOLAdpH7

収集済み URL リスト