著者
小澤 義博
出版者
獣医疫学会
雑誌
獣医疫学雑誌 (ISSN:13432583)
巻号頁・発行日
vol.18, no.1, pp.72-76, 2014-07-20 (Released:2015-01-07)
参考文献数
7

African swine fever (ASF) outbreaks which originated from Africa were chronologically reviewed with emphasis on how they were spread to Europe and the other continents. In 2007, ASF suddenly appeared in the countries in the east end of the Black Sea including Russia. As the disease has been well established in Russia, the strategies for ASF should be planned to fight against its risks from two continents, Africa and Russia (Eurasia). It will be extremely difficult to prevent the entry of ASF-infected wildlife from the countries that share land borders. Special attention should be paid to the fact that more than 50% of the swine population of the world is located in China. Feasibility studies should be performed to separate them from infected boars and feral swine by reinforcing barriers such as the Great Wall of China by adding wire walls and new electro-devices.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (25 users, 26 posts, 6 favorites)

“アフリカ豚コレラの歴史とリスク分析” https://t.co/uDrCnugI7R
J-STAGE Articles - アフリカ豚コレラの歴史とリスク分析 2014 https://t.co/De7NsZEISZ
豚コレラはもともとアフリカのイボイノシシらに不顕性感染が繰り返されてきた病気。家畜豚への感染と海外流出の原因は、中国資本によるアフリカ開発にあるみたい。 https://t.co/ckzUpMDowl
@keyaki1117 5例目・・・や、やばくないですか・・・ アフリカ豚コレラは治療薬がなく、殺処分しか対応策ありません。 突然変異して万が一にでも人に感染するようになったら 世界中がパニックになります。 https://t.co/FngndmA13G
だから、入国した飛行機や船から出た「残飯」から、アフリカ豚コレラの感染拡大が起こってしまった。 ソースはこちら。(文字数の関係でひとつ前のツイートに乗せられなかった)
追加の情報があまり出て来ないのがあの頃を思い出す…。 一万頭以上の殺処分数が最新情報だろうが、感染源の特定や発生地域の豚肉が厨芥飼料として出回ったりしてないかのチェック出来てるのかな? アフリカ豚コレラは発見より100年以上人への… https://t.co/CdF8ZgDgfg
メモ 「アフリカ豚コレラの歴史とリスク分析」(小澤義博) https://t.co/oDZQikFdYp 「アフリカ豚コレラ(ASF) に効くワクチンも抗生物質もなく,ASF を撲滅す るには全ての感染豚を殺処分するしかない。 (… https://t.co/y20F1RgYnU

収集済み URL リスト