著者
横山 真男
出版者
社団法人 可視化情報学会
雑誌
可視化情報学会誌 (ISSN:09164731)
巻号頁・発行日
vol.35, no.136, pp.17-22, 2015 (Released:2016-01-01)
参考文献数
29

楽器の音色(Timbre)の良し悪しの議論はいまだに経験的であり主観的である.古今東西かかわらず「美しい音色とは何か」といった類の議論は永遠の課題のようであり,ややもすると解けない命題として熱心に取り組むこと自体がとうてい無謀な夢のようにも言われる感もある.それでも,これまでに多くの科学者はストラディヴァリの作品を至高のものとして様々な角度から彼のヴァイオリンを分析し,音色の美とは何かを説明しようと試みてきた. ヴァイオリン研究に関する重要な著書といえばHutchinsの論文集1)が有名であるが,その他にも多くの研究報告があるので,本稿では,「音楽と楽器の可視化」特集にあたり,特に筆者の経験や興味の対象として関連の強いヴァイオリンについて,近年の音色の可視化に関する主だった研究を紹介し,音響,構造,材料,奏法等の各分野を横断的に概観し,なるべく写真や図を引用して解説する.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (26 users, 26 posts, 39 favorites)

@gaqurinne 諸説ありますが。。 200年以上でオールド。 100年以上でセミオールド。 それ以下はコンテンポラリー なんて分類の仕方もあるようです https://t.co/HU9bGKxAVV
@1484h https://t.co/5sz1NW0pzE ヴァイオリンに関してのみなんですけど
@sunanushi 計算され尽くした美しさと自然の美しさが合わさって堪らんのが木製楽器だなぁって思います。目の保養 楽器は芸術と物理学の世界ですねえ ↓は余談です。 https://t.co/lkJ6pIAzsO
https://t.co/E9ocYGVwUQ?amp=1

収集済み URL リスト