著者
池田 裕
出版者
福祉社会学会
雑誌
福祉社会学研究 (ISSN:13493337)
巻号頁・発行日
vol.15, pp.165-187, 2018-05-31 (Released:2019-06-20)
参考文献数
24
被引用文献数
1

本稿は二つの目的を持つ.一つは所得格差と一般的信頼の関係を検討することであり,もう一つは一般的信頼と福祉国家への支持の関係を検討することである.寛大な福祉国家は一般的信頼の醸成に寄与するが,それは福祉国家の正統性にとって必ずしも望ましいわけではないというのが,本稿の主張である.国際社会調査プログラム(ISSP)のデータを用いたマルチレベル分析によって,以下の知見が得られた.第一に,所得格差が大きい国に住む人ほど,他者を信頼する傾向が弱い.第二に,一般的信頼が高い人ほど,福祉国家を支持する傾向が弱い.第三に,福祉国家への支持に対する一般的信頼の効果は,積極的労働市場政策に関する支出が多い国ほど小さい. 寛大な福祉国家は,自国の所得格差を縮小することによって,一般的信頼の醸成に寄与する.それにもかかわらず,「連帯と協力の基礎」としての一般的信頼は,コミュニティにおける相互扶助の精神を促進することによって,福祉国家の正統性を掘り崩す可能性がある.しかし,福祉国家への支持に対する一般的信頼の効果には,無視できない国家間の差異がある.こうした国家間の差異は,各国の積極的労働市場政策の規模によって説明される.すなわち,一般的信頼が福祉国家の正統性を掘り崩すかどうかは,福祉国家の制度的特徴に依存する.本稿の結果は,受益者と拠出者の水平的連帯を促進する福祉国家が,高信頼者の離反を防ぐ可能性を示唆している.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 7 posts, 14 favorites)

J-STAGE Articles - 一般的信頼と福祉国家への支持 https://t.co/zrtTQXIJze
"当初の期待に反して,政治的信頼は福祉国家への支持の重要な規定要因ではないかもしれない." 一般的信頼と福祉国家への支持 ISSP のデータを用いたマルチレベル分析 池田裕 https://t.co/gGXVMRzS14
一般的信頼と福祉国家への支持 ISSPのデータを用いたマルチレベル分析 池田裕 https://t.co/gGXVMRzS14
"資力調査を伴う選別的公共サービスでは,官僚的裁量の余地が大きく,官僚も市民も不信の連鎖に陥る可能性が高い." "他方で,資力調査を伴わない普遍的公共サービスでは,官僚的裁量の余地が小さく,官僚も市民も手続的正義の感覚を共有する." こういう視点もあるのか。 https://t.co/gGXVMRzS14
池田裕 [2018] 「一般的信頼と福祉国家への支持――ISSP のデータを用いたマルチレベル分析」『福祉社会学研究』15: 165-187 https://t.co/PTvoQ3wkW4

収集済み URL リスト