著者
今村 知子 杉森 文夫
出版者
Yamashina Institute for Ornitology
雑誌
山階鳥類研究所研究報告 (ISSN:00440183)
巻号頁・発行日
vol.21, no.2, pp.247-252, 1989-09-30 (Released:2008-11-10)
参考文献数
8

1.羽色などの外部形態に基づく繁殖期のカルガモの雌雄判別を試みるため,栃木県内で得られた80個体を材料に,雌雄による外部形態の違いを観察した。2.上尾筒,下尾羽及び腹に雌雄の差異が認められた。中央尾翼,翼鏡,三列風切及びみずかきの色にも変異が認められたが,雌雄の違いによるものであるとは判断できなかった。3.カルガモの雌雄判別を行う場合,上尾筒,下尾筒及び腹が有効な部位であるといえる。4.野外においてカルガモを観察する場合,至近距離であれば雌雄を判別することは可能であると思われる。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (8 users, 8 posts, 27 favorites)

https://t.co/5NBgTowAz3
左がメス、右がオスってことかな #カルガモ https://t.co/QQb8ZZ6V2J https://t.co/tyUy4Eyztp

Wikipedia (1 pages, 1 posts, 1 contributors)

編集者: Moss
2014-05-28 22:40:59 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト