言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (185 users, 187 posts, 58 favorites)

@nagise https://t.co/qgo71UoNCO こちらに詳しい研究が。 まず、2成分の組み合わせで血液脳関門を破壊して、さらにその後別の弱毒性の成分で脳が壊されるそうで。
変異じゃなく元から毒であったが分からずに食べていたとする説が有力みたい。毒成分に関する研究も見つけた。面白い… スギヒラタケ急性脳症事件の化学的解明の試みー複数の物質がかかわる発症機構(河岸洋和, 菅敏幸)化学と生物 / 51 巻 (2013) 3 号 p. 134-137 https://t.co/Qvhhnvj4ZP
今年度のきのこ学会賞の受賞者は静岡大学の河岸先生でした。 受賞講演では、以前にもこのページで紹介したスギヒラタケによる脳症の原因解明の研究、及びヤマブシタケから単離したアルツハイマー症を抑制する成分のお話をされていました。... https://t.co/iKN3Loia9R
河岸洋和、菅敏幸:スギヒラタケ急性脳症事件の化学的解明の試み 複数の物質がかかわる発症機構 化学と生物 Vol.51 (2013) No.3 p.134-137 https://t.co/88WlshQwdr
J-stage で公開されましたね https://t.co/V6mn8aV2ns おススメ! RT @mushroom_lab …化学と生物(51号3巻)に、静岡大学の河岸先生の記事が紹介されています。「スギヒラタケ急性脳症事件の化学的解明の試み」...

収集済み URL リスト